君に成功を贈る

  • 754人登録
  • 3.95評価
    • (99)
    • (79)
    • (72)
    • (9)
    • (7)
  • 76レビュー
著者 : 中村天風
制作 : 公益財団法人天風会 
  • 日本経営合理化協会出版局 (2001年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784891010201

君に成功を贈るの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 心の想いが人生を創る。
    陽明学=喜怒哀楽、に尽きる。

    人に好かれる人間になる。

    病になっても、運命が悪くなっても感謝する。

    心と肉体を神経システムが結び付けている。
    これを正常に働かせるには、積極的な心の態度、が必要。

    原因はすべて自分にある。
    赤ん坊の心=純真無垢に戻る。
    尊さと強さとい正しさと清らかさを失わないこと。
    不調なときでも、いつなんどきでも。

    具合が悪いときもそのことを言わない。言葉には人生を左右する力がある。この自覚が最良の武器。

    夜寝るときは、考えれば考えるほど嬉しくなること、楽しくなることだけを心にありありと思い浮かべる。

    心が積極的でないと、勉強も仕事もほんとうの幸福はこない。神経システムが弱いと病に弱くなる。

    誰に言われなくても日々実際に努力すること。
    想いが今の自分を創っている。想いが日々の努力を生む。心の中に情熱の炎を燃え上がらせる。

    身に病あれど心まで病ませない。運命に非なるものあれど心まで病ませない。心は常に積極的に。

    心配、悩むほどそれが増えるなら、心配しないほうがよい。明日の朝死ぬかもしれないから、それまで心配、悩まないで明るく生きたほうがいい。

    心が消極的だと病は長引く。神経システムが上手く働かない。

    すべての感情を腹で受ける。心で受けると衝撃が大きい。グッと腹に力を入れる。肩を落とす。肛門をしめる。

    桂小五郎と近藤勇の話し。ケンカするより仲良くすることを考える。

    観念の作用=楽しい、嬉しいと思っていると病も忘れる。体外的なものを超越して、楽しい、嬉しいと感じることが必要。そのためには、なんでもなくても笑う。
    笑って損するのは金箔屋だけ。
    笑うこと、ニコニコしていること、は単に習慣なだけ。

    現在の感謝を忘れなければ、人生は極楽。

  • 内容、思想は良いと思うのだけれど、天風氏を神格化し過ぎているような節が感じられるのと、語り口調が横柄なように感じられて、あまり読んでいて気分が晴れない。ご高齢の際の講義録だし、実際とても偉い方だから仕方ないと言われればそうかもしれないけれど、謙虚さが感じられたり、自己愛的なところがもう少し抑えられているともっと読みやすいのではないかと思う。

    内容自体は2時間もあれば読めてしまう。

    同じ天風氏の本なら、「運命を拓く」の方が読み応えがあって受け入れ易い。

  • ついひきこまれてしまう語り口、とてもに優しい言葉で、大事な事をズバリと言い尽くす。素晴らしい言葉が満載です。これぞ誠の活学と言う感じです。万人に勧めたい本。

  • 「ショックは心で受けず、腹で受ける」
    実践しようとしていますが、まだまだです。
    生き方の姿勢が示されている好著です。

  • 成功哲学書は、星の数ほどありますが、その中でも、この本は群を抜いていると思います。
    中村天風氏の講演をベースにして、話し言葉でまとめられています。よって非常に分かり易い。
    天風氏の言葉のエネルギーに圧倒されます。

    P268には日常の心得として、(1)寝る前にすること、(2)起きた時にすること、(3)日常することが、
    まとめられています。これを知り、実践するだけでも、自身の人生が良い方向に変わると思います。
    日本に以前こういう偉人がいたんだなと思うと、喜ばしく思います。私が定期的に開いてしまう書籍です。
    是非、一読を!

  • この本を読み,この人の存在を,この人の考えを知り得たことが嬉しい。

    人生に2回目はない。人生を作るのは自分の心である。心理学に親しむ者として心の在り方を考えるきっかけとなった。

  • 積極的な心の態度が、自分の健康や環境全てに影響を与え、一度きりの人生を充実したものにする。

  • 二度読みました。自分の状況によって感じ方が変わる。何度読んでも気付きの多い良い本です。

  • 同じ話を聞いても受け取りかた聞き方の違いとどう自分の人生にいかすかで大きく違ってくる。

  • 私の転職時に、同期の中小企業の社長さんが送ってくれた1冊。忘れられない本。

    ・まず初めに、「心の在り方・使い方」一つで、人生は創られる
    →心が全て。月を見ても、花を見ても、仕事をしても、遊んでいても、すべてそれを心が認識すればこその生きがい。
    ・人生で最も重要なことは「他人に好かれる人間にならなければならない」ということ。
    →みなさんの周りにも、何をしても抜け目がなく優れていて、それで何となく人好きのしない人はいないだろうか?「他人に好かれる人間になろう」と努力すること。
    ・他人に好かれようと思ったら、何よりも自分があまり好き嫌いのないようにする。
    →他人に嫌われる前に、自分が他人を嫌うな。嫌いだと思う相手には努めて親切にし、優しくするような気持ちを自分に仕向ける。「やさしくしてやっているのに、図に乗りやがって」はHG。自分が好き好んでやっていることを相手に押し付けてはいけない。
    →どんなに頑張っても好きになれない人がいても、その人もきっとどこかの誰かにとってはかけがえのない人。
    ・自分のことをするときと同じ気持ちで他人のことをしてあげること。
    →友達、勤労の相手が困っているとき、自分がこういう立場ならどうだろうと考えたなら、骨身を惜しまず力添えしてあげる。
    ・他人から受けた恩義はもちろん、些細なことも、他人の行為には大きな感謝で受け入れる。
    →心からの感謝であれば、感謝され過ぎて怒る人間は世の中に絶対に一人もいない。
    ・夜の寝際、考えれば考えるほど嬉しくなること、考えれば考えるほど楽しくなることだけを、もう、心にありありと描いて寝るようにしてみよう。
    →自分の成功する姿、周りの人に好かれる自分、心の安定のための習慣にする。

    キーワード:私の成功は、周りの人に支えられて実現される

全76件中 1 - 10件を表示

中村天風の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デイル ドーテン
J・モーティマー...
ロンダ・バーン
トニー・ブザン
有効な右矢印 無効な右矢印

君に成功を贈るを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする