美術史とその言説(ディスクール)

  • 19人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 宮川淳
  • 水声社 (2002年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (373ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784891764647

美術史とその言説(ディスクール)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 美術は美術のみで成り立っているわけではない。それをめぐって織り成され、交錯する言説の数々によってもまた成立しているのだ。というのが、本書の大前提にあるとは思う。
    ただし、読んだのもずいぶん前のことになるので、再読し、レビューを書き直したい。とにかく、物事の本質をすばやく掴み、抉り出しながら、淡々と論じる著者の文体は素晴らしい。ちなみに論じられる対象は、ボードレール、クールベ、セザンヌとスーラ、象徴派、新印象派など。

全1件中 1 - 1件を表示

美術史とその言説(ディスクール)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

美術史とその言説(ディスクール)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

美術史とその言説(ディスクール)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

美術史とその言説(ディスクール)を本棚に「積読」で登録しているひと

美術史とその言説(ディスクール)の作品紹介

「美術」の主語は誰か。「見えるもの」-ひとつの対象、ひとつの色彩-がそれ自体で記号であるのではない、それはおそらくディスクールの実践の中で記号になるのだ。いいかえれば、「見えるもの」が記号になるのは、たとえばひとつの林檎が「静物」と呼ばれるときではないだろうか。

美術史とその言説(ディスクール)はこんな本です

美術史とその言説(ディスクール)の単行本

ツイートする