ドイツのロック音楽―またはカン、ファウスト、クラフトワーク

  • 16人登録
  • 3.60評価
    • (0)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 明石政紀
  • 水声社 (2003年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784891764869

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ドイツのロック音楽―またはカン、ファウスト、クラフトワークの感想・レビュー・書評

  • ジャズや現代音楽を学んでいた人たちが、当時流行だったロックをやり始めたことで、新しい音楽が生まれたということがわかった。
    楽曲の特徴的な部分について言葉化されていた。しかし専門的な用語の勉強不足もあって、意味の分からない部分もあったので、また読みなおしたいな。

  • ジャーマンロックといえば、クラウトロックと呼ばれることがある。それが、ファウスト?の1曲目のタイトルで、「クラウト」がドイツの食卓に上る漬物のことだというのを初めて知った。「マカロニウェスタン」という言葉同様に、英米から見てドイツ独特の感覚を、半分は馬鹿にして、半分は畏敬をもって呼んだ言葉なのであろう。

    ドイツのロック音楽といっても、カン、ファウスト、クラフトワークに絞って、彼らの全アルバムについて詳しく論じられている。
    その中でも、クラフトワーク、とりわけ「アウトバーン」以降のアルバムについては歌詞の引用も多く、どんどんテンションが高くなって力のこもった解説がなされている。数あるロックアーティストの中で、なぜジャーマンロックなのか?なぜアモンデュールやアシュラテンペル、タンジェリンドリームではなく、カン、ファウスト、クラフトワークなのか?それは、60年代にはまだロック後進国だったドイツで、ロックを始めたのがジャズやクラシック畑出身の音楽家であったことから、フェイクとしてのロックができあがったという。多くのジャーマンロックが19世紀的ロマン主義を引きずっているのに対し、カン、ファウスト、クラフトワークはそうした懐古趣味を廃している。彼らに共通するのが様々な種類の音楽へのフェイクであり、力のこもっていない形での前衛だったのである。ズレの感覚、ユーモア、反復リズムなどの共通する特徴をもつ。とくにファウストの音楽はまったくもって「腑抜け」と形容するのが適切だ。それはロックが若者のエネルギーを吸収して巨大化し、現代音楽やフリージャズが極度の緊迫感をもって迫ってきたのに対する、彼らなりのアンチテーゼだったのかもしれない。

    アルバムレビューにおいては、独特の文体が発揮される。アルバムや曲のタイトルをすべて邦訳しているところは、洋楽の曲がすべてカタカナタイトルになってしまった昨今ではひじょうにわかりやすい。ちなみにカン、ファウスト、クラフトワークは、訳すと「缶」「拳骨」「発電所」となる。もちろん、そのものの意味だけではなく、カンの場合、日本語の「感」「観」「勘」に通じることや、アラビア語などの意味も込めているという。ファウストは、もちろんゲーテの作品にちなむ。
    詳細にわたる作品の実況中継は実際に聴きながら読むことで、音だけでは見逃しがちな点を指摘してくれる。それから、曲の時間はすべて秒単位で表記されている。

    本としてのボリュームはそれほど大きくない。クラフトワークについての本は2,3冊出ているので、それと比べてどうなのだろうか?他は未読である。

    初版は1997年に発表されていて、増補改訂された上での第二版となるようだ。

全1件中 1 - 1件を表示

ドイツのロック音楽―またはカン、ファウスト、クラフトワークを本棚に登録しているひと

ドイツのロック音楽―またはカン、ファウスト、クラフトワークを本棚に「読みたい」で登録しているひと

ドイツのロック音楽―またはカン、ファウスト、クラフトワークの作品紹介

テクノ音楽の原点として、評価が高まり続けるジャーマン・ロックの特異性を、カン"缶"、ファウスト"拳骨"、クラフトワーク"発電所"を中心に、鋭利な問題設定と徹底した調査に基づいて全面的に捉え直す、異色のドイツ・ロック音楽論。

ドイツのロック音楽―またはカン、ファウスト、クラフトワークはこんな本です

ツイートする