ソシュールのアナグラム―語の下に潜む語 (叢書 記号学的実践)

  • 12人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : Jean Starobinski  金澤 忠信 
  • 水声社 (2006年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (231ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784891765804

ソシュールのアナグラム―語の下に潜む語 (叢書 記号学的実践)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • [ 内容 ]
    あらゆるラテン詩にはアナグラムが潜む…あるいはむしろ「アナフォニー」、「与えられたひとつの語に含まれる音節のいくつかを模倣する」形式が。
    そこからやがて「イポグラム」という用語が浮上する。
    詩行に秘められた語を探し出す果てしのない作業に憑かれたソシュールの、執念のノートは百余冊に及び、千行以上の詩の音節がひとつずつ分析されてゆく。
    「作品中の諸々の語は先行する他の語に由来するのであり、形成しようとする意識によって直接選択されるのではない。
    」近代言語学=構造言語学の祖として知られるソシュールが、「テーマ―語」を取り囲み反復する無数の響きを追って深みへと向かう足どりを、碩学スタロバンスキーが、その透徹した読解によって検証する。

    [ 目次 ]
    「反復への心がけ」
    二重音とマヌカン
    起源の問題
    増殖
    証明の継続
    反響

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 2009/
    2009/

全3件中 1 - 3件を表示

ソシュールのアナグラム―語の下に潜む語 (叢書 記号学的実践)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ソシュールのアナグラム―語の下に潜む語 (叢書 記号学的実践)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ソシュールのアナグラム―語の下に潜む語 (叢書 記号学的実践)を本棚に「積読」で登録しているひと

ソシュールのアナグラム―語の下に潜む語 (叢書 記号学的実践)の作品紹介

あらゆるラテン詩にはアナグラムが潜む…あるいはむしろ「アナフォニー」、「与えられたひとつの語に含まれる音節のいくつかを模倣する」形式が。そこからやがて「イポグラム」という用語が浮上する。詩行に秘められた語を探し出す果てしのない作業に憑かれたソシュールの、執念のノートは百余冊に及び、千行以上の詩の音節がひとつずつ分析されてゆく。「作品中の諸々の語は先行する他の語に由来するのであり、形成しようとする意識によって直接選択されるのではない。」近代言語学=構造言語学の祖として知られるソシュールが、「テーマ-語」を取り囲み反復する無数の響きを追って深みへと向かう足どりを、碩学スタロバンスキーが、その透徹した読解によって検証する。

ツイートする