生存者の回想 (フィクションの楽しみ)

  • 20人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : Doris Lessing  大社 淑子 
  • 水声社 (2007年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784891766559

生存者の回想 (フィクションの楽しみ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 105 早稲田

  • わからなかった…
    いつかどこかでいろいろ繋がって、気持ちよくわかる時が来るのかと思っていたけれど、
    結局最後まで何が起きていたのかわからないまま…
    明確にわかる必要はないのだろうけれど、でもなぁ…
    なんだか複雑。

    そしてこの本、誤植多すぎ。

  • [ 内容 ]
    終末を予兆させる近未来都市。
    現実と虚構のあわいを超える。
    いま、女たちのサヴァイヴァルが始まる。
    著者による「一つの自伝の試み」。
    ノーベル文学賞受賞作家の本。

    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全3件中 1 - 3件を表示

ドリス・レッシングの作品

生存者の回想 (フィクションの楽しみ)の作品紹介

終末を予兆させる近未来都市。現実と虚構のあわいを超える。いま、女たちのサヴァイヴァルが始まる。著者による「一つの自伝の試み」。ノーベル文学賞受賞作家の本。

生存者の回想 (フィクションの楽しみ)はこんな本です

ツイートする