暮れなずむ女 (フィクションの楽しみ)

  • 11人登録
  • 2.25評価
    • (0)
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (1)
  • 3レビュー
制作 : Doris Lessing  山崎 勉 
  • 水声社 (2007年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784891766672

暮れなずむ女 (フィクションの楽しみ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 家庭に尽くす専業主婦がいろいろなきっかけから通訳の仕事を始め、その後もいくつかの今までの彼女からは考えられなかった生活をし、ある彼女の特徴と言えるもので最終的に意志を初めて表明するのだ。

    読み終えるには時間がかかる。少しでも油断すると何が書かれてたっけ?とページを戻ることもしばしば。くどくどしていて退屈にも感じる。書いていることを噛みしめないとどしんと心にこないと思う。

    ドリス・レッシングの作品に出てくる女性の多くの共通点。人によって作られ自分はこれがあるからこそ今があるのだと思い込んでいたもの、その作られたアイデンティティの象徴を捨てた時が、その主人公の初めての意思決定になり自分自身の本当のアイデンティティを持つことになる。
    …と、私は思う。この作品の主人公ケイトも同様に。

  • [ 内容 ]
    家庭の中に囚われていたケイトが、家を出て、さまざまな出会いの末、見出したものとは…。
    ノーベル文学賞受賞作家の本。

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全3件中 1 - 3件を表示

暮れなずむ女 (フィクションの楽しみ)を本棚に登録しているひと

暮れなずむ女 (フィクションの楽しみ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

暮れなずむ女 (フィクションの楽しみ)を本棚に「積読」で登録しているひと

暮れなずむ女 (フィクションの楽しみ)の作品紹介

家庭の中に囚われていたケイトが、家を出て、さまざまな出会いの末、見出したものとは…。ノーベル文学賞受賞作家の本。

暮れなずむ女 (フィクションの楽しみ)はこんな本です

ツイートする