音の海―エーテルトーク、アンビエント・サウンド、イマジナリー・ワールド

  • 32人登録
  • 3.86評価
    • (3)
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : David Toop  佐々木 直子 
  • 水声社 (2008年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (393ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784891766887

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
イタロ カルヴィ...
ピーター・バラカ...
ジョン ケージ
國分 功一郎
川崎 弘二
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

音の海―エーテルトーク、アンビエント・サウンド、イマジナリー・ワールドの感想・レビュー・書評

全1件中 1 - 1件を表示

音の海―エーテルトーク、アンビエント・サウンド、イマジナリー・ワールドを本棚に「読みたい」で登録しているひと

音の海―エーテルトーク、アンビエント・サウンド、イマジナリー・ワールドを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

音の海―エーテルトーク、アンビエント・サウンド、イマジナリー・ワールドを本棚に「積読」で登録しているひと

音の海―エーテルトーク、アンビエント・サウンド、イマジナリー・ワールドの作品紹介

1889年、ドビュッシーはジャワ音楽に魅せられた。以降、音楽は、異文化、自然、環境の放つ音と対峙し変容していく。ミュージシャン、サウンド・キュレーターとして活躍する著者の、アンビエント・ミュージックをはじめ様々な音の探索者との交流の中で編み上げた実験的概説書。

音の海―エーテルトーク、アンビエント・サウンド、イマジナリー・ワールドはこんな本です

ツイートする