ロラン・バルト最後の風景 (批評の小径)

  • 16人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : Jean‐Pierre Richard  芳川 泰久  堀 千晶 
  • 水声社 (2009年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784891767563

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
谷崎 潤一郎
ロラン・バルト
多和田 葉子
國分 功一郎
川上 未映子
ジャック・デリダ
有効な右矢印 無効な右矢印

ロラン・バルト最後の風景 (批評の小径)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • [ 内容 ]
    波状模様、きらめくもの、ニュアンス。
    バルトが愛したモチーフのあいだを、軽やかに飛翔し、「変容の思想家」像に迫る、「テーマ批評」第一人者による、ロラン・バルト入門書。

    [ 目次 ]
    隠喩
    粘つくもの
    モアレ
    力強さから微妙な差異へ
    きらめくもの
    混交したもの
    艶消し
    パランプセスト
    描線、叢生
    園芸〔ほか〕

    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • (リシャールの)「批評」は、(ロラン・バルトの)エクリチュールに示されたものを「少し異なる仕方で、別の順序で」再び現れさせる。
    バルトが偏愛するモアレ。きらめくもの。ニュアンス。たるみ。油。空虚・・・。これら「主題」を選択し、再-編成すること。バルトとともにバルトとの交感によって織り上げる「夢想の歪曲文法」。(解説より)

全2件中 1 - 2件を表示

ロラン・バルト最後の風景 (批評の小径)の作品紹介

波状模様、きらめくもの、ニュアンス。バルトが愛したモチーフのあいだを、軽やかに飛翔し、「変容の思想家」像に迫る、「テーマ批評」第一人者による、ロラン・バルト入門書。

ロラン・バルト最後の風景 (批評の小径)はこんな本です

ツイートする