人生使用法 (フィクションの楽しみ)

  • 49人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : Georges Perec  酒詰 治男 
  • 水声社 (2010年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (731ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784891768041

人生使用法 (フィクションの楽しみ)の感想・レビュー・書評

  • 千夜504、考える/分類する

  • お見事、そしてえらく壮大な物語。本当に壮大なメタフィクションで群像劇。エピソード一つで映画一本作れそうなぐらい内容の濃いものが詰まっていたり、かと思えば(というか大部分がこれなんだけど)執拗なまでに繰り広げられる室内の限りない描写。

    最初は平気だったんだけど後半入ったあたりからどんどんこの小説の崩壊した感覚が浸潤してきて最終的には結構怯えながら読んでいた。

    キーとなる登場人物同士の入り組んだストーリーも見所だけど、全編通して感じる挑戦的な雰囲気に引っ張られました。

    冷静に振り返ったら負け、みたいなね。

  • 広告文によると

    《カルヴィーノに〈小説の歴史上最後の,真の事件〉と評された奇想天外な大長編。》

    おもしろそうだけど、小説としては値段が高すぎてちょっと買えない・・・

全4件中 1 - 4件を表示

人生使用法 (フィクションの楽しみ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

人生使用法 (フィクションの楽しみ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

人生使用法 (フィクションの楽しみ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

人生使用法 (フィクションの楽しみ)の作品紹介

登場人物、1000人以上!パリ市中のアパルトマンでジグゾーパズルに没頭する英国人大富豪バートルブースや、建物を往き過ぎるさまざまな人物と各々の部屋に注がれた視線が織りなす奇想天外な人間喜劇。

人生使用法 (フィクションの楽しみ)はこんな本です

人生使用法 (フィクションの楽しみ)の単行本

ツイートする