中村真一郎 青春日記 (中村真一郎collection)

  • 10人登録
  • 1レビュー
制作 : 池内 輝雄  傳馬 義澄 
  • 水声社 (2012年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (402ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784891769086

中村真一郎 青春日記 (中村真一郎collection)の感想・レビュー・書評

  • 中村が一高に入学直後に書き始め、16歳から20歳まで。将来の大文学者の青春の裏幕を生々しく明かしている凄い本である。それにしても読書量が凄い。日本の作家、フランス、ロシア、そして井原西鶴、古事記、竹取物語・・・。中村が自らのことを文章が下手、浅学菲才と何度も繰り返し、嘆くのが信じがたいような若い日々の文章。さまざまな本の書評、映画評などが楽しい。「ドストエフスキーの罪と罰」のぐんぐん押していく筆致は恐ろしい!とは、かなりの褒め言葉。そしてゴリキー「幼年時代」もぜひ読んでみたいと思わされた。そしてA.Q.なる謎の恋人?(男か女かも不明)への切々たる想いの吐露が青春を感じさせる。横光利一を絶賛(P225)しながら、最後の段階では「横光は年をとってほしくない」との言葉が出てきて、失望したように感じられるのは乗り越えたのだろうか?川端康成の評価も高い。

全1件中 1 - 1件を表示

中村真一郎 青春日記 (中村真一郎collection)を本棚に登録しているひと

中村真一郎 青春日記 (中村真一郎collection)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

中村真一郎 青春日記 (中村真一郎collection)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

中村真一郎 青春日記 (中村真一郎collection)を本棚に「積読」で登録しているひと

中村真一郎 青春日記 (中村真一郎collection)の作品紹介

のちに"戦後派"の小説家、批評家、詩人として知られることになる著者の篋底に秘められてきた旧制高校時代の膨大な日記の完全翻刻版。莫大な量の読書ノートにして福永武彦らとの交遊録でもある中村真一郎研究の第一級資料。

ツイートする