孤児―フィクションのエル・ドラード

  • 46人登録
  • 4.42評価
    • (7)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
制作 : Juan Jos´e Saer  寺尾 隆吉 
  • 水声社 (2013年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (186ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784891769512

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロベルト ボラー...
フリオ・リャマサ...
ミハル・アイヴァ...
マリオ・バルガス...
マリオ バルガス...
伊藤 計劃
いとう せいこう
ウラジーミル ナ...
ピエール ルメー...
マリオ・バルガス...
アンナ・カヴァン
ポール・オースタ...
ウラジーミル・ソ...
有効な右矢印 無効な右矢印

孤児―フィクションのエル・ドラードの感想・レビュー・書評

  • 「れにくさ」に掲載された、フアン・ホセ・サエールの『外からの眼:アルゼンチンのゴンブローヴィッチ』(訳:久野量一)を読んで面白かったので、期待。。。
    JAIRO
    http://jairo.nii.ac.jp/0021/00029746/en

    水声社のPR
    「《フィクションのエル・ドラード》とは……世界文学に依然として強烈なインパクトを放ち続けるラテンアメリカ文学。いまだ紹介されていない才能ある作家たちや評価の定まった巨匠たちの、とりわけ想像力に富む小説(フィクション)を中心に厳選し、文学シーンの最前線をお届けするシリーズです。

    ▶ 第2回配本はフアン・ホセ・サエールの代表作『孤児』

    アルゼンチン文学の巨星が放つ幻想譚
    舞台は16世紀の大航海時代、見果てぬインディアスを夢見て船に乗り込んだ「私」が上陸したのは食人インディアンたちが住む土地だった。「私」は独り捕らえられ、太古から息づく生活を営む彼らと共に過ごしながら、存在を揺るがす体験をすることになる……。

    無から生まれ、親もなく、名前もない、この世の孤児となった語り手を通して、現実と夢幻の狭間で揺れる存在の儚さを、ボルヘス以後のアルゼンチン文学を代表する作家が描き出す破格の物語。

    ◎サエールの作品は、国境の彼方、あの誰のものでもない土地、まさに文学という場所に存在している。(リカルド・ピグリア)

    ◎現実世界の強烈な存在感。サエールは現代世界の超重要作家になるだろう。(アラン・ロブ=グリエ)

    次回配本はアレホ・カルペンティエル『バロック協奏曲』(7月刊行予定)です。」

  • デフ・ギー!デフ・ギー!

  • 前半に見られる、物語進行の緊張感と哲学的考察の控え目な挿入は小気味よく、もしかしたら未知の傑作かもという期待感が増した。打って変って後半は、哲学的考察があふれ返る。あくまで好みの問題だが、前半のバランスのまま、誘導してもらいたかった気がするが、著者が書きたかったのは、その哲学の方なのだなということは伝わる。
    200頁に満たない中編だが、ゆっくり腰を据えて読みたくなる、重厚な作風。読み終えて思うのは、無駄なページというものが無かったな、ということ。

  • かつてインディオに囚われた経験をもつ語り手の手記という形式をとる本書、読んでいるときにはその異様な物語に目を奪われてしまうが、存在や記憶についての深い思索は読後にじわじわとくる。ボルヘス『七つの夜』の「夢について」を読んだばかりだからなおさらか。静謐な筆致は詩的で河の流れのよう。とりわけ終章の月蝕の描写が美しい。にしても、これだけのことを歴史書のたった14行の記述から発想したというのはすごい。

  • 久しぶりに文章にぶつかった頭が音を立てて何か思考するような圧い本(感想はあとでちゃんと書きます)。

  • 大自然に身を委ねると、生命の神秘を感じるとともに何か得体の知れない恐怖を感じることがある。
    「孤児」を読んでいるあいだは、そんな感覚に襲われていたし変な夢をたくさんみた。
    本を読むというよりは、魂に直接問いかけられているような。

  • ホセ・ルイス・ブサニチェ著『アルゼンチンの歴史』(1959)のなかに、フランシスコ・デル・プエルトなる人物に関する次のような記述がある。

    「一五一五年、ファン・ディアス・デ・ソリスの率いるインディアス探検船団に見習い水夫として雇われたこの男は、スペインのサンルカール・デ・パラメダ港を出港した後、船団が翌年ラプラタ川へ入ると、数人の仲間とともに陸地へ上がって現地調査に従事した。上陸部隊はそこで原住民の襲撃を受けて皆殺しにされたが、デル・プエルト(スペイン語で「港出身」の意味)だけはなぜか命を救われ、その後一五二七年にセバスティアン・ガボートの率いる船団に救出されるまで、十年以上もの間インディオ部落で生活することになった。」

    1979年頃、「ある民族学者が空想のインディオ部族をめぐって行う講演を収録する形」の小説を構想していたファン・ホセ・サエールは、このわずか十四行ばかりの記述に強く惹きつけられ、物語の中心にこの見習い水夫を据えることに決めた。

    なかなか興味深い史実ではないか。コロンブスのインディアス発見から二十年ほど。陸ほどもある大海獣やら未開人やら財宝やら、未知なる大陸に関するスペイン人の興味は滾っていたにちがいない。誰も見たことのないインディオと呼ばれる蛮人のなかで、十年間を過ごした男は何を見聞きし、何を思ったのか。作家は想像力を駆使して、その奇異な経験を語ろうと考えた。これは架空のインディアス見聞記である。

    物語は、老年にいたったこの男の回想から始まる。例のごとく、不幸な生い立ちから探検船団の見習い水夫として乗り込むまでの経緯が語られる。やがて出港。赤道を越え海岸伝いに陸地の裏側に向かう。そこが目的地だった。船団長をふくむ他の水夫たちは、上陸したとたんインディオの毒矢で射られ即死。なぜか一人だけ生け捕りにされた男は、仲間の死体といっしょにインディたちの集落に移送される。浜辺には火が焚かれ、木を組んで焼き網が用意されていた。

    この部族は、年に一度だけ太古の風習に倣い、他部族を襲っては相手の死体を持ち帰り、皆で食べることを習慣としていた。その日だけは人を食い、酒を飲み大乱交を行う。しかし、その狂気の一夜が明ければ、いたってつつましい暮らしにもどるのだ。船団が上陸したのがちょうどその時期にあたっていたのが不運だった。しかし、仲間はその憂き目に会ったのに、なぜ年若い男だけは助かったのか。しかも、丁重な扱いを受け食事まで用意されるのはなぜか。

    十年以上もの年月をインディオ部族の中ですごした後、救出された男は、こちら側の世界の中で今一度孤児となる。男にとって人間とはインディオの方であり、こちら側にいるのは醜い生物でしかなかった。生きる実感を失った男を救ったのは一人の神父だった。男は、神父のもとでラテン語やギリシア語を学び、プラトンやテレンティウスを読むことを覚える。その結果、彼はかつての経験を新しい目で見ることができるようになる。物語の後半は、今や引退した老賢者である男が、自分が生かされていた理由や、インディオたちの世界観について思索する哲学的考察となっている。

    倫理や宗教、哲学や思想がすでに長い歴史を持ち、自らのなかにはじめから備わっているかのように思ってしまいがちな近代人だが、魔女裁判はほんのひと昔前のことだ。いや、宗教やイデオロギーが異なれば、相手を襲い、命を奪うのは今も変わらない。さすがに人肉までは食べようとしないが。人間とは何か。歴史に刻まれる以前、われわれの祖先はどのようにしてこの地球上に生き残ってきたのか。そんな根源的な疑問にひとつの解を与えるため、原住民とともに十年間生きた西洋人という史実を一粒の種のように空想の畑にまき、丹念な思考実験を繰り返し行うことで、みごとな架空世界を構築することに成功した。

    ファン・ホセ・サエールという作家は、ボルヘス、コルタサルと並ぶ、アルゼンチン文学における「未邦訳の重鎮」であるという。紹介が遅れたのは、作家仲間と群れることなく、アルゼンチンでも周縁の地に住まい、出版社も大手ではないという事情があったようだ。その佇まいは、作中の神父や、老年の主人公を髣髴とさせる。これ一作しか読んでいないので、まだその持ち味を云々することはできないが、尋常でない出来事を冷静な筆致で淡々と叙述し、時間と記憶、存在と無といった形而上的問題について真摯に哲学的考察を加える作風は他のラテン・アメリカ文学の作家の誰ともちがう。今まで知らなかった未踏の高峰を発見したようなわくわくする出会いである。

全9件中 1 - 9件を表示

孤児―フィクションのエル・ドラードを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

孤児―フィクションのエル・ドラードを本棚に「積読」で登録しているひと

孤児―フィクションのエル・ドラードの作品紹介

舞台は16世紀の大航海時代、見果てぬインディアスを夢見て船に乗り込んだ「私」が上陸したのは食人インディアンたちが住む土地だった。「私」は独り捕らえられ、太古から息づく生活を営む彼らと共に過ごしながら、存在を揺るがす体験をすることになる…。無から生まれ、親もなく、名前もない、この世の孤児となった語り手を通して、現実と夢幻の狭間で揺れる存在の儚さを、ボルヘス以後のアルゼンチン文学を代表する作家が描き出す破格の物語。

ツイートする