八面体 (フィクションのエル・ドラード)

  • 42人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (3)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
制作 : Julio Cort´azar  寺尾 隆吉 
  • 水声社 (2014年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (235ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784891769550

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロベルト ボラー...
オルガ トカルチ...
アンナ・カヴァン
ジーン・ウルフ
ミハル・アイヴァ...
ジュンパ ラヒリ
レオ・ペルッツ
J.L. ボルヘ...
グスタフ マイリ...
ジョン・ウィリア...
イタロ・カルヴィ...
有効な右矢印 無効な右矢印

八面体 (フィクションのエル・ドラード)の感想・レビュー・書評

  • 「リリアナが泣く」死を待つ体。想像する。自分が消え去った後の妻と友人。良作。
    「手掛かりを辿ると」熱狂的な人気を持ちながら謎に包まれた詩人。彼の生涯を追う男。驚くべき真実。
    「ポケットに残されたと手記」地下鉄の中のゲーム。偶然の不可能性にかける。
    「夏」友の娘を預かった夫婦。夜中。不審な物音。巨大な馬。
    「そこ、でも、どこ、どんなふうに」ずっと前か。パコ。もう死んだきみ。
    「キントベルクという名の町」ヒッチハイクの少女。スープを飲む少女。かつての自分。
    「セベロの諸段階」繰り広げられる儀式。告げられる数字。
    「黒猫の首」電車の中。見知らぬ女に触れる。女も私に触れる。女の告白。
    「シルビア」子供たちのまとめ役シルビア。しかし大人たちは彼女は存在しないという。良作。
    「旅路」列車を待つ男女。彼らは自らが行くべき場所を思い出せない。
    「昼寝」悪夢におびえる少女。友との性に関するめざめ。

  • 八面体 1974
    リリアナが泣く ※想像力の行き過ぎ?
    手掛かりを辿ると ※書いたのは自分のこと。
    ポケットに残された手記★ ※ゲーム的な出会い。
    夏 ※夫婦の危機。
    そこ、でも、どこ、どんなふうに ※きれぎれ。
    キントベルクという名の町 ※きれぎれ。
    セベロの諸段階★ ※死を寓話的に。
    黒猫の首 ※ゲーム的な出会いと殺人?

    最終ラウンド 1969
    シルビア★ ※想像力で人を作る「円環の廃墟」。
    旅路 ※すでにだめな夫婦。
    昼寝★ ※百合と性的夢想。

    「文学青年コルタサルの終り」を告げる一作→以後は政治の季節。
    実験的短篇、というよりは、きれぎれの文体による濫作の予兆が見える。
    いいなと思った作品が比較的まとまりのある作品(「ポケットに残された手記」「セベロの諸段階」「シルビア」「昼寝」)だからというわけではないが、息切れの兆候が見える。
    それは特に「そこ、でも、どこ、どんなふうに」「キントベルクという名の町」「旅路」に。

  • 短篇はこうでなくちゃ

  • 【選書者コメント】フィクションのエル・ドラードというサブタイトルがいかしている!
    [請求記号]9600:122

  • 訳者が「文学青年コルタサルの終りを告げる一作」と位置づける短篇集『八面体』(1974年刊)と、エッセイや評論などが併せ編まれた『最終ラウンド』(1969年刊)からの物語風の文章三篇及び短篇小説についてのエッセイが収められる。
    『八面体』はかなり前衛的な作風のものが多く戸惑った。『最終ラウンド』の方がオーソドックスなつくりで、楽しんで読めた。特に「シルビア」はさすが短篇小説の名手といえる巧みな一篇。子どもの描き方なども実に鮮やか。
    「コルタサルの新しい邦訳!」と意気込んで読んだけれどもはね返されてしまったような気がして少し残念。彼の作はもう徹底的に読み込んでいてさらに他のものを、という読者向けの一冊だったかもしれない。

  • 講演会 ::フリオ・コルタサル生誕100周年、記念シンポジウム ::Instituto Cervantes de Tokio
    http://tokio.cervantes.es/FichasCultura/Ficha96443_67_25.htm

    水声社のPR
    http://www.suiseisha.net/blog/?p=3651

  • 1974年に刊行された短篇集。
    コルタサルらしい幻想的かつ不条理な短篇が並び、1篇1篇はさほど長くないものの、コルタサル的世界にどっぷりと浸れる1冊。
    巻末の『訳者あとがき』に詳しく述べられているが、この後、著者は政治運動に深く関わり、徐々に創作からは遠ざかって行くことになる。政治活動の面ではお世辞にも評価が高かったとは言えないようで、『「文学青年コルタサル」が残した最後の短編集』という表現が切ない。

    それにしても、どうも版元が余り宣伝に熱心でないというか、宣伝まで手が回っていないというか、いつ、どういうスケジュールで出るのかが全く読めないのはちょっと困る。南米文学は熱心な読者が大勢いるのだし、もうちょっとだけマメに宣伝してくれると助かるのだが……。

全8件中 1 - 8件を表示

八面体 (フィクションのエル・ドラード)の作品紹介

日常のなかに突如として闖入してくる"鮮烈な夢のイメージ"を作品へと昇華させるフリオ・コルタサル。実験的な語りの手法を用いて"自分の最も奥深い部分"を表現し、幻想と日常の交錯を多面的に描き出した傑作短編8つを収録。付録として白昼夢を見ているかのような3つの短編(『最終ラウンド』)に加えて、実践的な短編小説論(『短編小説とその周辺』)も併録。

ツイートする