文学賞メッタ斬り!

  • 275人登録
  • 3.53評価
    • (18)
    • (51)
    • (80)
    • (5)
    • (0)
  • 45レビュー
  • PARCO出版 (2004年3月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (391ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784891946821

文学賞メッタ斬り!の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2004年3月18日、初、並、帯付
    2016年7月13日、伊勢BF

  • トヨザキさんと大森さんが、色んな文学賞をバッサバサ。一緒に審査員たちもバッサバサ。
    賞の名前は知ってても、そのカラーまではなかなか捉え切ってなかった。参考にもなったし、何より読んでて楽しかった。

  • 自分は未熟なので注釈付きでも分からない事もあったけど途中から楽しんでよめた。とりあえず、受賞作は手に取る切欠にしかならない事が分かったので何でも読んでみようと思う。文学甲子園は実現してほしい。 ところで、今までの色々な賞の受賞作の中で、お二人のベストは何なんやろ?

  • 書評の本。対談集。
    日本の様々な文学賞の2人の意見&思い入れなど。
    本の内容の良し悪しを評価する類の本ではないと思った。
    日本にはいろいろな文学賞があり、生い立ち、選考基準などがあることが分かり、とても参考になった。それにしても随分たくさんあるが、有名なところ(自分が知っているもの)は10はないのではないか?(個人の興味にもよるが)。また受賞は、選者の主観や入れ込みに影響するようだ。
    知らない本が多く、いかに読んでいないかが分かった。
    大森さんの編集者としてのソフトな発言が心地よい。

  • 2012/04/22
    自宅

  • とにかく文学賞受賞作をメッタ斬ってる本。
    作品だけでなく、その選考委員もばんばんメッタ斬ってます。
    渡辺淳一の選評がについてのコメントが笑えた

  • 帯の○○賞受賞作!!という文字に釣られて読んでみたものの、うーん、自分にはいまいち…なんてことがよくあるけれど、これを読んでなんか納得。でも、文学賞の多いこと多いこと!主なものには、ちょっとした解説があるので、これからは、この賞は注目しようかなというものがいくつかできました。
    個人的には、泉鏡花賞と山本周五郎賞の作品は結構好きなものが多いです。

    面白いのは何と言っても、審査する先生方についての章!
    読んだことがなくても名前は知ってるような大先生方が、ツモちゃん、ジュンちゃん(下半身担当)、テルちゃん(とにかく読まない、読めない?)ですから。これからは、選評欄も絶対読もうと思った。

  • 候補作をほとんど読んでいなくても楽しめる

  • 大森望の読書量は本当に凄い!日本一小説を読んでる人だと思う。

    トヨザキ社長の毒舌も冴えてるし、この2人の対談は面白い。そして、小説に対する愛が感じられる。2人とも、本当に小説が好きで、好きだからこそ、言いたい事もたくさんあったんだろうな。

    決して堅苦しい事はなく、気軽に読める。小説好きにはオススメ。

  • テルちゃんwwwwwwww続編も出てるみたいだし、ぜひ読んでみたい。

全45件中 1 - 10件を表示

大森望の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

文学賞メッタ斬り!に関連する談話室の質問

文学賞メッタ斬り!を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

文学賞メッタ斬り!を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

文学賞メッタ斬り!を本棚に「積読」で登録しているひと

文学賞メッタ斬り!のKindle版

文学賞メッタ斬り!の文庫

ツイートする