少しのイーストでゆっくり発酵パン—こんな方法があったんだ。おいしさ再発見!

  • 293人登録
  • 3.84評価
    • (36)
    • (32)
    • (51)
    • (2)
    • (0)
  • 32レビュー
著者 : 高橋雅子
  • PARCO出版 (2007年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (111ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784891947484

少しのイーストでゆっくり発酵パン—こんな方法があったんだ。おいしさ再発見!の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この本を手にして
    同じような材料でもやり方ひとつ(発酵時間や水の温度)で生地が変わることに感激し、パン作りにはまった。

    面倒なのでやっていないレシピ、作ったのは1度きりなレシピもありますが。。。
    ベーグル、プチパン、木の実のパン、牛乳パンなどは簡単なのにおいしいのでこれからも作り続けていきそうです。
    レシピ本で数種類も定番化するものがあるって私の中では上出来です
    発酵時間がかかるのは大変かな?と思っていたけれど
    一晩寝かす発酵方法のペースに慣れると問題ないです。

  • リュスティック、カンパーニュ、バゲット、ポーリッシュ、パン・ド・セーグルやそのVariationenなど。どれか買うならこれか。

  • タイトルのとおり、ドライイーストを使う量がとても少なく、バゲットで1回小さじ1/4ほど。 安上がりなのが嬉しい。


    初心者なのに膨らまないという失敗が今のところない。
    時間はかかるけれど、パン屋で買う必要がないくらい美味しいバゲットができた。

  • 数種類の粉を使用しているので、手に入れづらさと、配合の面倒臭さが、玉に瑕。手に入ったらやってみたいが…

  • パン生地を冷蔵庫で低温長時間発酵する方法が紹介されています。長時間発酵することでイーストの使用量が抑えられ、出来上がったパンからはイースト臭さがありません。読む前はパンを作るときはいつもストレートの手捏ねで時間も体力も必要でしたが、今では前夜に準備するだけでもっちりとした食感のパンが焼きあがります。レシピはハード系のパンが多く、ライ麦、中力粉を使用するものが多かったです。

  • 少しのイーストでゆっくり発酵のたくさんの種類の
    パンの作り方。

    パンの作り方の本は2種類あると思う。
    1種類はプロが書いたプロ向けの本
    もう1種類は家庭製パンの先生の本。

    この本の出版はかなり古いけど
    出版されたころも
    今もずっと家庭製パンのハイレベルの本だと思う。
    もし、
    これからパンを焼いてみようかなとか
    パンに興味があるなとか思ったとき
    この本から入ったら
    ヘンな癖も先入観もなく
    楽しいパンの世界へ行けると思う。

  • 長時間発酵で作るパンのレシピ本。
    いろんなパンが載っていて、これ以降ベーグルやバゲットなど続刊があるけれどこれ1冊あれば十分かな。

  • 他のレシピ本にはない作り方が出ているし、参考になると思う。ただし初心者向きではないみたい。どちらかというと本格的なパン作りの本です。

  • パン焼き仲間が貸してくれた、彼女にとってのバイブル!ショコラシートは絶対試したいところ。

  • ソフトパンも好きだけど、ハードパンはもっと好き。初心者の私でも分かりやすく、かつ種類が多くのっていそうな本がこれでした。ソフトパンも沢山載っていますよ。
    分かりやすく、いくつか作ってみました。が、この表題の少しのイーストでオーバーナイトでの第一次発酵をしたことがないです。朝すぐに焼ける訳ではないので…。
    とはいえ、イーストの量を調整すれば普通の作り方でも使える本です。
    のんびり出来る日曜の朝にでも本通りに作ってみようっと。

全32件中 1 - 10件を表示

高橋雅子の作品

少しのイーストでゆっくり発酵パン—こんな方法があったんだ。おいしさ再発見!を本棚に登録しているひと

少しのイーストでゆっくり発酵パン—こんな方法があったんだ。おいしさ再発見!を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

少しのイーストでゆっくり発酵パン—こんな方法があったんだ。おいしさ再発見!を本棚に「積読」で登録しているひと

少しのイーストでゆっくり発酵パン—こんな方法があったんだ。おいしさ再発見!はこんな本です

ツイートする