風とロックの写真

  • 59人登録
  • 4.00評価
    • (5)
    • (9)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 箭内道彦
  • パルコ (2010年8月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784891948337

風とロックの写真の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2010年発表。タワレコの『No Music No Life』やフリーペーパー『月刊 風とロック』をはじめ数々の雑誌で好きなミュージシャンや、俳優を撮り続けてきたNHK『トップランナー』の司会でお馴染みのクリエイティブディレクター・箭内道彦の5年間の集大成といえる写真集です♪収められているのは矢沢永吉、ユニコーン、吉井和哉、YUKI、銀杏BOYZ、THE BACK HORN、斉藤和義、RIP SLYME、EGO-WRAPPIN'の中納良恵、サンボマスター、SAKEROCKの星野源、チャットモンチー、黒猫チェルシーなどのミュージシャンから、麻生久美子、菅野美穂、宮崎あおい、上野樹里、長澤まさみ、成海璃子、堀北真希、戸田恵梨香、浅野忠信、オダギリジョー、福山雅治、瑛太、などの俳優陣まで様々。プロのカメラマンじゃないからこその素の表情を収めた数々の写真。(信頼関係がないと撮れないであろう至近距離での写真が多数あります)エレキギターを抱えたセクシーな女優たち、ライブハウスで佇む風景に団地の廊下で撮った写真、友達の家や旅先で撮ったような写真、宴会風景や芝生でマッタリする写真、猫と戯れるミュージシャン(斉藤和義です笑)など、テレビやメディアでは絶対に見せなかったであろう有名人のプライベートな感じがファンなら見逃せないんじゃないかな。好きな人だけを撮ったという写真だからこその被写体との信頼感も垣間見えて、プロが撮る写真とはまた違ったフレンドリーな味わいがあります(o^-^o)写真には被写体に抱く想いが素直に写し出される。本当はピントがボケたり、ブレたりなんて関係ない。知識やテクニックなんかなくたって、愛があれば、人が好きであれば素敵な写真は誰にでも撮れることを教えてくれる写真集です。特に邦楽ロックファンなら是非とも♪

  • うめかよと通ずるものがある。

    その瞬間よく撮れましたね、って言いたい写真ばかり。


    斉藤和義が猫にシャーッってされてる写真とか
    オカモトズ(たぶん)がハト追いかけてるのとか
    怒髪天がマッサージうけてるとことか。


    じわじわくるこの感じだいすき

  • レンジファインダーLOVE!!

  • 箭内さんの撮った写真は味がある。素人とも玄人ともつかない絶妙さが「写真家」という彼の気持ちを表してるような気さえします。

  • 心地よい、風と温度を感じる写真です。
    特に女性の写しが良い。エロい訳ではないのにセクシー。チャットモンチーと石原さとみとミドリの後藤まりこが好み。

  • 箭内さん、すげえよ。

  • 箭内さん、すげえよ。

  • 「ただ特等席で撮っている」これができるのは、人間性なんだよなー。
    カメラマンだけじゃなく、なんであっても人間性が大事だよなぁと改めて感じた。

全9件中 1 - 9件を表示

風とロックの写真を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

風とロックの写真を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

風とロックの写真はこんな本です

ツイートする