オケピ! The Orchestra Pit 2003 (PARCO劇場DVD)

  • 24人登録
  • 4.60評価
    • (3)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 三谷幸喜
  • パルコ (2003年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784891948498

オケピ! The Orchestra Pit 2003 (PARCO劇場DVD)の感想・レビュー・書評

  • また息抜きに、今度は芝居のレビューでも書いてみようかと。
    けっこう何にでも感動してしまうたちなので。

    試験が間近に迫った高校生みたい。
    勉強するのが嫌で、現実逃避で読書に走ってしまうような。

    物語の舞台はオーケストラ・ピット(業界用語で「オケピ」)。
    本来は舞台の下にあるべき世界が、舞台上で描かれるという三谷幸喜らしいひねりで、ミュージカルの魅力をミュージカルの裏側から見るという仕組みになっている。舞台上の「オケピ」の下では、本物の「オケピ」がオーケストラ伴奏しており、その二重構造が不思議な感覚をかもし出す。

    2000年版では2つのミュージカルの同時進行を表現するため、舞台最上部にさらに舞台を設置、オーケストラ・ピットから“BOY MEETS GIRL”の足元だけが見えているという演出で「脚」役の演技者が数人いたが、2003年版では無くなった。(*ウィキから、そのまま引用)

    これは、2003年に上演された天海祐希主演のDVDだが、私が最初に見たのは2000年の6月に青山こどもの城劇場で上演された松たか子主演(本当の主演は真田広之)のもの。
    この2003年版も見たが、2000年のほうが面白かったと感じたのは、2003年版では上の舞台がなかったからか。
    2000年版は、何故かDVD化されておらず、非常に残念。
    三谷映画の「ラヂオの時間」やドラマ「ショムニ」でブレイクした戸田恵子や、今でこそ有名俳優になったが、12年前にはまだそれほど名の知れていなかった小日向文世、白井晃などがいい味を出していた。

    私と三谷幸喜氏の出会いは「やっぱり猫が好き」に遡る。
    もたいまさこ・室井滋・小林聡美の恩田家三姉妹が繰り広げるシチュエーションコメディ。
    一応、三谷氏の脚本はあるものの、随所でアドリブが飛び出し、失敗、ハプニングなどが起こっても、三人はそのまま流れに沿って勝手に演技を続けるので、話はどんどん可笑しな方向へ。
    そのときの三人の身のこなし方や対応振りが絶妙で、つい大笑いしてしまう楽しくて面白いコメディ。
    これ以降ですね、彼の作品に興味を持ち、芝居も観てみたいと思ったのは。
    ところが、芝居の世界ではすでに有名人。
    チケットを取るのが至難の業。ヤフオクではとんでもない高値で取引されていました。
    で、初めて見た彼の芝居が、この「オケピ!」。

    まず驚いたのが、開演前の場内アナウンス。
    この芝居を見た方ならご存知でしょうが、彼自身が開演前のアナウンスをするのです。
    特にこれはミュージカルの舞台下のオーケストラを題材にした芝居なので、観客が必ず気になって舞台の下を覗きたくなる。
    それを上演前に注意するアナウンスを三谷氏本人がやる。
    (実際三谷さんは毎日自分の芝居を見て、少しずつ変えたりするんですね。だから初日と千秋楽ではシナリオが微妙に異なったりする)
    このアナウンスが衝撃的でしたね。

    記憶によれば──
    「まもなく上演開始ですが、三点ほどお客様にお願いがあります。まず、トイレの方はお早めにお済ませください。開演後の入場は一切認めません。最初から観ていただかないと、この芝居の面白さが伝わりません」
    このあたりで、場内がざわめく。「なんか不思議なアナウンスだなあ」と。

    「また、この芝居はとても長く、終了予定時刻は10時過ぎになります。でも、帰りの電車の時間に間に合わないからといって、途中退場はご遠慮ください」
    このあたりで、ざわめきがさらに大きくなる。

    「長い芝居ですので、途中幕間があります。そのとき、舞台下の本物のオケピが気になり、見に行かれる方が多いようですが、見たら素早くお戻りください。後半が始まって、そこにいられますと他のお客様のご迷惑になりますので。以上三点の注意をお守りいただき、最後までこの芝居を楽しんでください。三谷幸喜でした」
    ここで、観客は三谷幸喜がどこかで実際にアナウンスしていることに気づき、笑い声が漏れ、みんなの視線が上のほうに集中する。(たしかこんな感じの内容だったと思います)
    そこで、上演開始を知らせるブザー音。
    もういきなり「つかみはOK」の世界。

    で、内容は最初に書いたとおり。

    オケピのメンバー全員が、何かしらの傷を背負っている。
    ハーピストの松たか子は、このオケピのメンバー五人と付き合っているという自由奔放な娘役。
    オーボエ担当の布施明は、20年ぶりに娘と涙の再会。
    この歌がなかなか泣かせる。
    とにかく、笑って、泣いて、また笑って、しみじみして、笑って、ほろりとして、また笑っての繰り返し。
    最後はスタンディングオベーションが止まらず、カーテンコールが4回もあったような。
    そのおかげで夜6時半開演のこの芝居。
    劇場を出る時は、10時過ぎどころか、11時近かったような記憶があります。
    ミュージカルの醍醐味を思う存分味わせてくれるお芝居でした。

    あれから12年も経ってしまったから、松たか子主演での「オケピ!」はもう二度とないだろうけど、役者が変わっても、また上演されることが決まったら、絶対見にいきたい。
    私にとっては、生涯NO1のミュージカル、というか芝居でした。

    2000年版は第45回岸田國士戯曲賞を受賞。
    私に芝居の面白さを教えてくれた名作です。

    DVDは高いので買う人はいないと思いますが(amazonで見たらプレミアがついて9800円と定価より高いじゃないか!! 劇場で買っておけばよかった)、もし、またお芝居が上演されることになったら、是非ご覧ください。
    S席は8000円くらいだろうけど、見終わった後は、それが高かったとは思わないはずです。
    でもチケットを取るのが大変だろうな、おそらく。

  • 三谷さんらしい設定と歌詞で、心地良い音楽付の、ミュージカルというか、音楽劇のような。

    それがオ~ケ~ピ~♪って、口ずさんじゃう。

    ミュージカルの皮肉ネタ?で、CATSはメモリー以外必要ないだろ!みたいな台詞が印象に残ってます。

全2件中 1 - 2件を表示

オケピ! The Orchestra Pit 2003 (PARCO劇場DVD)に関連する談話室の質問

オケピ! The Orchestra Pit 2003 (PARCO劇場DVD)はこんな本です

ツイートする