かんづかさ3 ~朱に染まる空~(桜ノ杜ぶんこ) (桜の杜ぶんこ)

  • 13人登録
  • 2.67評価
    • (0)
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 一二三書房  やすゆき 
  • 一二三書房 (2013年3月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (387ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784891991357

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

かんづかさ3 ~朱に染まる空~(桜ノ杜ぶんこ) (桜の杜ぶんこ)の感想・レビュー・書評

  • 日本神話とクトゥルー神話の入り混じるバトルでした。以前よりもクトゥルー分が多くなってたかな。そんなバトル描写はミリタリー方面も結構書かれてた印象。最後の展開は急ぎ足気味に感じたけど、締めはちゃんとしてたと思います。一段落したけど続刊出ないのかなぁ。

全1件中 1 - 1件を表示

かんづかさ3 ~朱に染まる空~(桜ノ杜ぶんこ) (桜の杜ぶんこ)を本棚に登録しているひと

かんづかさ3 ~朱に染まる空~(桜ノ杜ぶんこ) (桜の杜ぶんこ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

かんづかさ3 ~朱に染まる空~(桜ノ杜ぶんこ) (桜の杜ぶんこ)を本棚に「積読」で登録しているひと

かんづかさ3 ~朱に染まる空~(桜ノ杜ぶんこ) (桜の杜ぶんこ)の作品紹介

多くの被害を出した"黒く蠢くもの"事件から2か月後-伊豆半島でその件にかかわる調査を進めていた主人公の五祝神奈が国家転覆を進めるある教団の関係者だと噂が流れ、逮捕命令が下されてしまう。神奈たち不在の隙を突くように、東京・丸の内に"地母神が産みし数千の黒き仔山羊"という怪物が出現。陸上自衛隊・臨時首都防衛集団と怪物の戦いが都内で繰り広げられ、戦後初めて、首都に戦車砲の砲声が響き渡る。首都潰滅目前に、数百万の携帯電話から立ち上った朱い煙はなにを意味するのか!?-。

かんづかさ3 ~朱に染まる空~(桜ノ杜ぶんこ) (桜の杜ぶんこ)はこんな本です

かんづかさ3 ~朱に染まる空~(桜ノ杜ぶんこ) (桜の杜ぶんこ)のKindle版

ツイートする