風とリュートの調べにのせて2(桜ノ杜ぶんこ)

  • 24人登録
  • 3.43評価
    • (1)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
    • (1)
  • 1レビュー
著者 : 健速
制作 : 一二三書房  アカバネ 
  • 一二三書房 (2013年6月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (355ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784891991555

風とリュートの調べにのせて2(桜ノ杜ぶんこ)の感想・レビュー・書評

  • 舞台は剣や魔法、そして『魔王』の居る世界。
    魔王大戦終戦から二百周年の式典中に、魔王復活が齎される。
    敵襲から逃れるために王女達をつれ、地上を目指し歩を進め始める。

    相変わらず雰囲気を伝えるのがうまいですね!
    世界観を読者に届けています。
    個人的にも好みだし楽しんでいますが、登場人物の多く、視点が定まらない気も。
    それと巻末に登場人物の説明があるけど、主人公は前の巻まで遡らないといけないなど若干不便な面も…。
    今後広がっていきことを期待!

全1件中 1 - 1件を表示

風とリュートの調べにのせて2(桜ノ杜ぶんこ)の作品紹介

地下七階の町にたどり着いたアル達。魔王軍の脅威を真剣に受け止めているアルや王女達に比べ、同級生の美女達はどこか現実感に乏しく、他人事のように考えていた。しかし魔王軍はアル達と少女達を分けて考えてはくれず、攻撃の手は彼女達にも及ぶ。それぞれが最善を尽くし、魔王軍の攻撃に対応していくアルや王女達。そして度重なる襲撃に翻弄される事で、同級生の少女達は他人事のままで本当に大丈夫なのかと、徐々に危機感を募らせ始める。そんな彼らの前に立ち塞がった新たな敵は、誰もが予想しなかった意外な人物だった。

ツイートする