アトランチスの謎 復活のザヴィーラ(桜ノ杜ぶんこ)

  • 13人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 加納京太
制作 : 一二三書房  masaki 
  • 一二三書房 (2013年8月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (331ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784891991913

アトランチスの謎 復活のザヴィーラ(桜ノ杜ぶんこ)の感想・レビュー・書評

  • かつてアトランティス島を攻略した冒険家ウィンはとある採掘場で働いていた。
    そんな中新聞でその大陸が復活したとの報が!?
    再びその大陸に挑むのだが…
    伝説のレトロゲーム「アトランティスの謎」のノベライズ。

    冒険しているシーンは物凄くいい味を出していて謎多き大陸を醸し出していたのでその辺りの演出は好きです。
    人間関係も過去の遺恨を合わせて書かれている部分もいい。
    でも、全体的に詰め込みすぎてやや速足感。
    若干、読者を置いてきぼりにする感じもあるしね。
    3巻くらいに分けて深く掘り下げながらやった方が物語に厚みがでる気がするんですよね。

全1件中 1 - 1件を表示

アトランチスの謎 復活のザヴィーラ(桜ノ杜ぶんこ)を本棚に登録しているひと

アトランチスの謎 復活のザヴィーラ(桜ノ杜ぶんこ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

アトランチスの謎 復活のザヴィーラ(桜ノ杜ぶんこ)を本棚に「積読」で登録しているひと

アトランチスの謎 復活のザヴィーラ(桜ノ杜ぶんこ)の作品紹介

米国の採石場で人知れず働く一人の男がいた。彼の名はウィン。かつてアトランチス島を攻略した冒険家であったが、兄弟子であるルイスの策略によって、うだつのあがらない日々を過ごしていた。そんな彼の元に、ウィンの師匠の娘・ハナが現れ、新聞の一面を突きつける。-アトランチス島復活!?一度は沈めたアトランチス島が、何故か再浮上したというのだ。師匠の無念を晴らすため、そしてアトランチスの謎を解き、再び沈めるため、ウィンは再び"ボン"を片手にアトランチスへの冒険に望むのだが…そこにはある陰謀が張り巡らされていたのだった。

アトランチスの謎 復活のザヴィーラ(桜ノ杜ぶんこ)はこんな本です

アトランチスの謎 復活のザヴィーラ(桜ノ杜ぶんこ)のKindle版

ツイートする