風とリュートの調べにのせて 3(桜ノ杜ぶんこ)

  • 21人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
    • (1)
  • 1レビュー
著者 : 健速
制作 : 一二三書房  アカバネ 
  • 一二三書房 (2013年10月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (316ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784891992064

風とリュートの調べにのせて 3(桜ノ杜ぶんこ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 地下6階までの通路に辿り着いたアル達。
    しかし、その通路は魔王軍に占拠されていた。
    アル達はどう地下6階を目指すのか、魔王軍の動きは!

    全体的には納得の内容ではあるのですが、どこに重きを置いているのかちょっと視点がブレている感じが。
    前回も指摘したけど、登場人物が多いのでその辺を整理をお願いしたい。
    それと前回までのあらすじも欲しい。
    まぁ、正直今は伏線のばら撒きをしているような気もするんですけどね(笑)
    好きな作者さんなんで高望みしてみる。

全1件中 1 - 1件を表示

風とリュートの調べにのせて 3(桜ノ杜ぶんこ)の作品紹介

地上を目指すアル達は、遂に地下六階へ繋がる通路へ辿り着いた。だがその喜びも束の間、彼らは新たな難問に遭遇する。地下六階へ向かう為の通路が、魔王軍によって占拠されてしまっていたのだ。通路を占拠した魔王軍を排除する事は不可能ではなかったが、その為には兵士の命か時間か、どちらかの浪費を覚悟しなければならなかった。それは心優しいセレスにとって、非常に難しい選択だった。そんなセレスの為に、アルは第三の選択肢を提案する。だがこの新たな選択肢の裏では、戦争に隠された幾つもの思惑が複雑に絡み合っている事を、この時のアル達はまだ知る由もなかった。

ツイートする