アラスカ原野行 (ナチュラル・ヒストリー選書)

  • 12人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 越智 道雄 
  • 平河出版社 (1988年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (443ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784892031472

アラスカ原野行 (ナチュラル・ヒストリー選書)の感想・レビュー・書評

  • アラスカに関する著書の多くは「美しさ」や「素晴らしさ」を綴り「憧れを抱かせる」ものが多い。
    しかし「現実」のアラスカとはどういうところなのか…?
    本書は僕の知りたかった「現実」を少し伝えてくれた。

    ニュージャージー出身の著者は雑誌『ニューヨーカー』のノン・フィクション・ライターとして活躍。
    本書も著者自らの体験談・経験談である。
    内容は三部構成。

    最初は著者自身が参加した「川の学術調査」の話でいろいろな分野のスペシャリストと共にコバック川の支流サーモン川をカヌーで下る。
    文明社会に生まれ育った著者が手付かずの大自然と向き合い、静かに語られるその内容は共感を持って受け入れることができる。

    続くテーマはアラスカの州都移転問題。
    州都ジュノーは交通の便が悪く、アラスカの中心部からも離れているため州民投票により移転する方向で話は進んでいた。
    州都用地選定委員と行動を共にした著者の視点で州政府と州民の思惑が綴られる。
    アラスカの政治面が垣間見れて非常に興味深い。
    (本書では選定調査の段階まで書かれているが、その後地価の吊り上げなどのため再州民投票により州都移転は中止された)

    最後は金鉱採掘者や原野での自立生活に憧れてやってきた白人、そして先住民などアラスカに生きる人々の生活が語られる。
    先住民に関する著書は他にも多くみられるが、文明や貨幣経済社会を離れ原野の中で自給自足の自立した生活をしたいとアラスカへやってきた人々の話は他ではなかなか見ることが出来ず非常に興味深い。
    こういう人たちの考えや理想、現実、葛藤など、この部分にこそこの本の大きな価値がある。
    「原野に生きる」とはどういうことなのか…生易しい憧れなど打ち砕くリアリティ溢れる内容にただただ唸らされる。

    残念なのは内容が古いこと。。。
    1970年代半ばの著書なので現代と状況は大きく異なるであろう。
    「今」のアラスカはどうやら自分たちの目で確認するしかなさそうである。

    夢や理想ではなく現実のアラスカと向き合いたい人には読んでおいて欲しい一冊。

全1件中 1 - 1件を表示

アラスカ原野行 (ナチュラル・ヒストリー選書)を本棚に登録しているひと

アラスカ原野行 (ナチュラル・ヒストリー選書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

アラスカ原野行 (ナチュラル・ヒストリー選書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

アラスカ原野行 (ナチュラル・ヒストリー選書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アラスカ原野行 (ナチュラル・ヒストリー選書)を本棚に「積読」で登録しているひと

アラスカ原野行 (ナチュラル・ヒストリー選書)はこんな本です

ツイートする