からだのなかのタオ―道教の身体技法

  • 12人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 石田秀実
  • 平河出版社 (1997年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784892032790

からだのなかのタオ―道教の身体技法の感想・レビュー・書評

  • 天地の永久的なヴァイブレーションの波に、人が共振することによって、天地宇宙と等しい永遠性を手に入れようとする

    人であれ者であれ、「個」とはそうした気の流れの小集団、大きな宇宙の気の流れのそこ戸々に渦巻いている気の束のことである。

    皮膚のような境界場を隔てて、個物の内に気の流れの束があり、外側にも大宇宙の気の流れがある。

    その一方が、他方に共振すべく身体を動かすならば、両者の間に共鳴が起こり、リズムの一体化が生ずる

  • 道教の考え方をよく理解できます。
    でも深い。

全2件中 1 - 2件を表示

からだのなかのタオ―道教の身体技法を本棚に「読みたい」で登録しているひと

からだのなかのタオ―道教の身体技法を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

からだのなかのタオ―道教の身体技法を本棚に「積読」で登録しているひと

からだのなかのタオ―道教の身体技法はこんな本です

ツイートする