東山魁夷の世界

  • 41人登録
  • 4.00評価
    • (6)
    • (4)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 東山魁夷
制作 : 東山 すみ 
  • 美術年鑑社 (2005年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (95ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784892101632

東山魁夷の世界の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 画家・東山魁夷の作品集。各絵に解説付き。

    画家の初期から晩年までの代表作を計63点掲載しており、画風や主題の変化を(解説という)補助輪付きで追うことができる。

    目で楽しむにはもっと大判な本の方が良かったかな、と思うが、本棚に立てかけておき何気なく手に取ってパラパラとめくるには丁度良い。

    ポーラ美術館でその作品を見、色使いが大変気に入って、生まれて初めて画集を買ったが、たまには良いものだ。

  • 休暇を利用して読む。この静けさが贅沢だ。
    東山魁夷の絵には静けさもあるけれどリズムもある。
    息づかいも聞こえる。
    解説の代わりに千住博の講演会の収録。
    日本画のアニミズム的な要素を紹介していて、それも合わせて面白いです。たまらん。

  • うつくしい夜。
    しずかなたたずまい。
    冬。

  • 枕元に無造作に置いてある本のうちの一冊。


    魁夷の魅力。

全4件中 1 - 4件を表示

東山魁夷の世界に関連する談話室の質問

東山魁夷の世界を本棚に「積読」で登録しているひと

東山魁夷の世界はこんな本です

ツイートする