武産合気

  • 35人登録
  • 3.42評価
    • (2)
    • (2)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
  • 白光真宏会出版局 (1986年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784892140808

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
黒田 鉄山
スペンサー ジョ...
甲野 善紀
パラマハンサ・ヨ...
鎌田 茂雄
塩田 剛三
ジェイムズ・P・...
有効な右矢印 無効な右矢印

武産合気の感想・レビュー・書評

  • 初回読了

    すごく難解なので、また読みかえそうと思います

    盛平翁も生涯かけて磨き上げていったと同様、
    合氣道は、技に頼らず意識が大切なんだと理解しました

  • 合気道の稽古の前に、この中の語句を唱和すべき本。

  • 合氣道創始者・植芝先生の語録。

  • ”神とは生宮を通して、初めてこの世に現れるのであります。生宮とは、肉体人間のことであります。人間の造った木のお社にさえ、神々が集まるのですから、神の子たる人間の生宮に、神々の集まらないわけがありません。人は顕幽神三界の理を悉く胎蔵し、これを調和する主体にならねば、何時迄たっても、大神様の大み心、大み心は既に地上に現れているのにかかわらず、掴むことが出来ません。人は思うままに三界を織り成し、心の持ちよう一つで、宇内を開くことが与えられているのであります。”

    ”自分一人でも開眼すれば、宇宙の気はみな悉く自分一人に、自然に吸収されて来るのです。そして悟るべきものはすべて悟るのであります。タカアマハラも自分にあるのであります。天や地をさがしてもタカアマハラはありません。それが自己のうちにあることを悟ることであります。タカアマハラは造化機関であり、人もまた同じ素質、同じめぐり、動きをもっている造化機関なのであります。タカアマハラを天や地に尋ね求めるより、まず自己に尋ね求めることです。宇宙のいとなみが自己のうちにあるのを観得するのが真の武道なのであります。”

  • 合気道創始者の精神世界を垣間見る事の出きる一冊。

    宗教色が強いのは難だが、当時の世相を読むには良い資料になる。

全5件中 1 - 5件を表示

武産合気を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

武産合気はこんな本です

ツイートする