少女ヴァレリエと不思議な一週間

  • 42人登録
  • 4.00評価
    • (3)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
制作 : V´it〓ezslav Nezval  赤塚 若樹 
  • 風濤社 (2014年11月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784892193873

少女ヴァレリエと不思議な一週間の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • チェコ発の幻想小説。タイトルとカバーのイラストに惹かれて購入したが、とても良かった。
    ゴシック的な世界で描き出されるストーリーは確かに『アリス』に通じる不条理さがある。どちらかというと不条理系に振った感じかな。
    挿絵の画風も独特で面白い。基本的に小説に挿絵は要らないとが、この作品にこの挿絵は合っていると思う。
    版元は『シュルレアリスムの本棚』を出している風濤社。他の本も買ってみようか。

  • チェコの小説だけど、夢のような現実、情熱的な恋、聖職者の淫行とどこかラテンアメリカっぽい話だった。
    ゴスロリの聖典扱いされてた映画「闇のバイブル 聖少女の詩」の原作だそうだけど、このタイトルはないなー…。
    アーサー・マッケン「パンの大神」が原作の映画タイトルだったら、まだ納得しないこともないかもだけど(^_^;)

  • 図書館

    映画「闇のバイブル 聖少女の詩」の原作ということで読んでみる。

    ほぼ映画の通りにストーリーが進むので、
    映画のシーンを思い出しながら読み進められた。

    映画とセットで読むと良い感じ。

  • 映画の原作。

  • 原作がネズヴァルだったとは、完全に失念していました。
    それから黒坂圭太のイラストも楽しみ!

    風濤社のPR
    http://futohsha.co.jp/books/fnovels/nezval.html
    Wakagi Akatsuka Website
    http://www.asahi-net.or.jp/~tt2w-aktk/

全6件中 1 - 6件を表示

ヴィーチェスラフ・ネズヴァルの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J.K. ユイス...
ウラジーミル・ソ...
皆川 博子
ジョン・コナリー
パトリック モリ...
クラフト・エヴィ...
アンナ・カヴァン
アンナ カヴァン
ヒグチユウコ
有効な右矢印 無効な右矢印

少女ヴァレリエと不思議な一週間を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

少女ヴァレリエと不思議な一週間を本棚に「積読」で登録しているひと

少女ヴァレリエと不思議な一週間はこんな本です

ツイートする