マドレンカ

  • 77人登録
  • 3.62評価
    • (5)
    • (8)
    • (12)
    • (0)
    • (1)
  • 14レビュー
制作 : Peter Sis  松田 素子 
  • BL出版 (2001年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (40ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784892385988

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ビバリー ドノフ...
にしまき かやこ
トミー=アンゲラ...
ポール・フライシ...
なかの ひろたか
ユージーン トリ...
酒井 駒子
A.トルストイ
モーリス・センダ...
有効な右矢印 無効な右矢印

マドレンカの感想・レビュー・書評

  • 不思議な絵本です。独特の視点から町を眺めた絵。街をぐるっとまわるうちに世界を旅している。いろいろな世界の人が住んでいる、ニューヨークの街。
    その街で出会った人の背景にある文化。そういうものに触れる機会のなかなかない日本では、この本にあるような異文化の体験をもっと子どもに伝えられたら、と思う。

  • マドレンカと近所のお店の人たちとの交流。
    近所の人たちが、こんな風に子供たちのことを知っていてくれたらいいなぁ。
    微細に書き込まれた絵と、小窓に見えるマドレンカも、おもしろい。

  • 小さいマドレンカの嬉しい大ニュースをみんなに知らせたい。世界中のみんなに!

    まわりの大人のマドレンカの呼び方が国によって違い、親しみを込めた愛称であることで、地域や人々の繋がりを表しているようで嬉しくなる。
    絵の構図や見せ方の構成が楽しい。1冊に色んな国の文化が紹介されており、何度もじっくり見たくなる。

    世界中の大人たちは、世界中の子どもたちの成長を見守り、みんなで育てていかれるような社会を作りたいという作者の願いも込められているような気がします。

  • 単純なお話なんですが、大きくなることへのワクワクが伝わる楽しい絵本です。アジアの人のイメージが、意外性があって好きです(笑)

  • 歯が抜けたことを色んな国の人に知らせてまわるマドレンカ。
    世界の国の挨拶や絵が楽しいと思います。

  • 近所を一回りするだけで、いろんな国の人に会える。ニューヨークって人種の坩堝ってゆうけど、子どもたちはこうゆう本を読めばきっとお互いの良いところを見つけられるんだろうな。フランスのページには星の王子様がいた。

  • 歯がぬけそうなことを近所の人にマドレンカが言ってあるきます。
    いろいろな国の人が、その国のことばであいさつをします。いろいろな国のあいさつがわかる絵本。

  • マドレンカちゃん以外の人物が、絵が、魅力的!

    確かに外国に行っていたなぁー

  • 世界を旅した気分になれるしかけ絵本。
    マドレンカの歯はぐらぐらして今にも抜けそうで、
    もういてもたってもいられず、近所の人たちにふれ歩きます。
    その近所の人たちといったら、フランス人のパン屋さん、ラテンアメリカの八百屋さん、
    ドイツ人、インド人、アジアのおばあさん等々、すごくインターナショナル。
    その人たちがマドレンカを祝ってくれます。(お国言葉を添えて)
    異国情緒たっぷりの見応えのある絵をよーく見ると、
    この前読んだ『もじゃもじゃペーター』らしき人がそこにいたりして、
    そういう楽しみも盛り込まれているみたい。
    とにかくマドレンカにとっては人生最高の日なのでした。

  • 宇宙の中の ある惑星の ある大陸の ある国の ある町の 
    ある建物の ある窓の中に ある雨の日、一人の女の子がいた。
    名前はマドレンカ
    という文章で始まるこの絵本は、絵が不思議なしかけ絵本です。
    マドレンカはニューヨークに住む女の子。
    ある日、歯がぐらぐらすることに気づいたマドレンカは、みんなに知らせたくてうきうきと通りへ出て行きました。
    マドレンカが「わたし 歯が ぐらぐらするのよ!」伝えたのは様々な人種の人々。
    あっちこっちで「歯がぐらぐらするの」と言っているうちに、帰るのが遅くなったマドレンカ。
    両親が「いったいどこにいってたの?」と聞くと・・・
    家の周りを回ってきただけなのですが、本当に世界一周した感じです。
    それぞれお国言葉で挨拶をして、みんな喜んでくれます。
    マドレンカは、「人生最高の日だわ!」と思います。
    子どもってみんな同じなんですね。
    『歯がぬけること』がこんなに嬉しいことだとはね!!

  • マドレンカはある日歯がグラグラしていることに気付き、みんなに知らせたくて近所を走り回る。
    フランスから来たパン屋さんやインドから来た新聞屋さん、ドイツのおばさん、ラテンアメリカの八百屋さんなどみんながマドレンカが大人になるのを祝ってくれました。

    オチが可愛い。
    大人になるのが嬉しい、って言うのとオチは別物なんだけど、子供の成長を願い祝うのは万国共通、世界平和のキホンだなって思う。

    勉強する気なら世界の言語が見られます。

  • 仕掛け絵本というのでもないけど、変わった絵。そういう意味で楽しめた。

  • 絵本の中でちょっとした世界旅行ができました。
    優しいタッチの絵で和みました。

  • 歯が抜けたマドレンカは、いろんな国籍のご近所さんたちに見せて回ります。
    世界旅行をしている気分になります。
    絵もなかなかの見応え。
    しかけ絵本

全14件中 1 - 14件を表示

マドレンカを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

マドレンカを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする