あの夏

  • 39人登録
  • 4.35評価
    • (12)
    • (5)
    • (2)
    • (0)
    • (1)
  • 7レビュー
制作 : もり ひさし 
  • BL出版 (1998年12月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784892386077

あの夏の感想・レビュー・書評

  • なんと150枚を超えるモノトーンのデッサンで描かれた絵本? 大きな物語を読んでいるようです。

    アーネストとセレスティーヌにとって、とても大切なカズーの病、そして死。カズーのことが心配でたまらなく不安なアーネスト。まだよく理解できず、カズーの元へ何度も通いたがるセレスティーヌ。

    「わたしになにもおはなしてくれないし、やっぱりカズーはよくならないのね」
    「こたえてくれないのね、アーネスト」

    「もしカズーがいなくなる日がきたら、野原にいってはなをつんでかざってあげよう」
    「カズーといしょに行った場所に、ピクニックに行こう」

    そして、その日、ぼくはできるだけやさしく セレスティーヌを抱いて なぐさめました。

    大切な人の死、それでも楽しかった思い出を確かめながら、記憶の中にいつまでも残されていきます。

  • 4-89238-607-3 169p 1995・11・1 1刷

  • 無邪気な娘に本当のことを告げることができず葛藤する父の姿が切ないです。

  • 旅先のカフェでの出会い♪

  • 別れたからって、全てが無に戻ってしまうわけではないんですよね・・・

  • くまのアーネストと、ねずみのセレスティーヌが登場するシリーズもので、他にもいろいろ出てるみたい。セレスティーヌのアーネストの関係は、親子に近い感じだけど、恋人同士なのかな。これは、なかよしだった人間のガズーとの別れを前にした二人(二匹か)の物語。絵柄は茶色一色のデッサン。目に感情がよく描かれてるけど、うしろ姿の絵でも気持ちがちゃんと伝わる。すごいなぁ。。

全7件中 1 - 7件を表示

あの夏を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする