カロリーヌつきへいく (カロリーヌとゆかいな8ひき)

  • 70人登録
  • 3.64評価
    • (9)
    • (5)
    • (22)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
制作 : やました はるお 
  • BL出版 (1999年11月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784892386732

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エリック カール
モーリス・センダ...
A.トルストイ
有効な右矢印 無効な右矢印

カロリーヌつきへいく (カロリーヌとゆかいな8ひき)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • カロリーヌちゃんとゆかいな8匹の大冒険!
    大人の入らない自由な世界に引き込まれます。
    子どものころのワクワク・ちょっぴりドキドキが楽しめます。
    by 亜里沙さん

  • パパが子供の頃好きだった本

  • 本当は「カロリーヌとおともだち」を載せたかったけれど、古すぎて画像がないのでこれを。
    子供の頃に買ってもらって以来の心のバイブル(なんちゃって)
    何度引越ししても、この本だけは一緒です。

  • 名作

  • カロリーヌみたいな女の子に憧れた頃もありました

  • 私が子供の頃に読んで最高に好きだった絵本のシリーズ♪
    ついに月まで行っちゃった☆

  • 小さい頃、何度も何度も読んだ絵本。
    カロリーヌという女の子が、動物の子供(犬、猫、ライオン、クマ、チーター)と世界中(本作では宇宙)を冒険するお話で、「冒険=男の子」という概念を壊してくれた作品。でもそこはやっぱり女の子で、動物たちの面倒もよく見る頼れるお姉ちゃんなのです。
    かつては小学館・世界の童話シリーズの中の一部だった(随分前に廃盤)ものが、現在BL出版から刊行されているが、かつてのものと微妙に絵が違ったり、ページ数が足りなかったり・・・ 昔のそのままのカロリーヌに会いたいな。だから星は三つ。

  • 子供の頃読んだ懐かしい絵本。見つけた時は嬉しかったです。
    カロリーヌと仲間の動物達がつきにいき、そこでの行動も楽しいです。

  • シリーズの中でも1,2を争う作品。

全9件中 1 - 9件を表示

カロリーヌつきへいく (カロリーヌとゆかいな8ひき)に関連する談話室の質問

ピエール・プロブストの作品一覧

ピエール・プロブストの作品ランキング・新刊情報

カロリーヌつきへいく (カロリーヌとゆかいな8ひき)を本棚に登録しているひと

カロリーヌつきへいく (カロリーヌとゆかいな8ひき)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

カロリーヌつきへいく (カロリーヌとゆかいな8ひき)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

カロリーヌつきへいく (カロリーヌとゆかいな8ひき)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

カロリーヌつきへいく (カロリーヌとゆかいな8ひき)を本棚に「積読」で登録しているひと

カロリーヌつきへいく (カロリーヌとゆかいな8ひき)はこんな本です

ツイートする