ぺろぺろぺろ

  • 87人登録
  • 3.77評価
    • (8)
    • (9)
    • (13)
    • (1)
    • (0)
  • 18レビュー
著者 : 長新太
  • BL出版 (1999年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (20ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784892387012

ぺろぺろぺろの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • オノマトペが好きな娘

    ぺろぺろぺろで笑ってます

  • なんでやーっ!とツッコミを入れたくなるところもあって、チョット不思議系でもあります。

  • 5ヶ月の息子に読み聞かせ。
    ただ『ぺろぺろぺろ』の繰り返しの本だが
    なぜか面白い。
    息子もキャッキャと笑う。
    ゆるいイラストに癒されます。

  • 2015/1/20 3-4

  • 犬がアヒルをぺろぺろ。
    ゾウがバナナをぺろぺろ。
    タコが船をぺろぺろ。
    靴が帽子をぺろぺろ。
    車が道路をぺろぺろ。
    山が海ををぺろぺろ。
    恐竜がアイスをぺろぺろ。
    ブタがキャベツをぺろぺろ。
    お母さんが舌を出して赤ちゃんをぺろぺろ。
    赤ちゃんもお母さんをぺろぺろ。

    みんがひたすらぺろぺろ舐める。
    犬が舐めたり、アイスを舐めるのはいいけれど、おかしなものもいろいろと舐めている。
    シュール。

  • 息子2歳。
    大好きな本。
    単純なお話、はっきりした絵。

  • よく利用する子育て支援センターに置いてあったので読み。
    長新太ワールド。シュール。
    ぺろぺろぺろ=愛情表現、ということでよろしいのだろうか。
    自動車に舌があるとはね…。

  • なんだかわからないけど、とにかくみんなぺろぺろしてる。
    ぺろぺろするのは愛情表現なのかな?
    生き物でないものも出てきたりしてツッコめるのが面白い。
    最後、おかあさんと赤ちゃんにほっこり。

  • 色遣いや展開が予想外。
    1歳前半では、ちょっと理解できないか・・。
    でも予想外のぺろぺろペろにもう少し成長したらまた読み聞かせてみたい。

  • 図書館で借りてきた本。
    長新太さんの不思議な絵本が好きになってきてます(私が)
    この本は前に借りたのに比べると、不思議さは少ない。
    けれど、なんだか暖かい本。

全18件中 1 - 10件を表示

長新太の作品

ぺろぺろぺろを本棚に「読みたい」で登録しているひと

ぺろぺろぺろを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ぺろぺろぺろを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする