十二支のお節料理

  • 159人登録
  • 3.83評価
    • (11)
    • (20)
    • (15)
    • (2)
    • (0)
  • 31レビュー
著者 : 川端誠
  • BL出版 (1999年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784892387418

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
A.トルストイ
にしまき かやこ
マイケル・グレイ...
トミー=アンゲラ...
なかの ひろたか
有効な右矢印 無効な右矢印

十二支のお節料理の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 毎年年末に必ず図書館で借りる本。買えよって感じなんですけどね(笑)

    ★★★
    神さまは12匹の動物に正月を迎える準備をさせました。
    家を片付けご馳走を作り方付けをした12の動物達の家に静かに雪が積もり、いよいよ新しい年を迎えます。
    ★★★

    長男が3歳ごろの時何気なく借りたらそこから干支にはまり、親戚や友達の干支を聞いて覚え、絵本の動物達になぞらえています。

    神様に負かされた役目をちゃんと果たした姿はなかなか格好いい。動物達の正月準備の賑やかさから、雪の積もる深夜、そして晴れ着を来て勢ぞろいする動物達、と絵本としての流れも感慨があります。

  • 毎年暮れになると、この本を開きます。

    世間のせわしさとは別の
    すがすがしい空気が
    自分の体に満ちてくる気がして。

    お正月を迎える前の晩
    そして新年の朝

    大胆な構図の絵と色のコントラストを
    味わってください。


    幼稚園年少さんから
    大人も(大人だからこそ)
    心洗われる絵本です。

  • お正月にぴったり

  • みんなで分担しながら年末年始を過ごしている様子が面白かった。それぞれの仕事がまたいい感じなんです。

  • 毎年この時期に小学生達に読み語り。自分の干支はどんな係かな?と気になるようで、お正月の思い出と併せ、みんな楽しく聞いてくれます。

  • 十二支が仲良くお節を準備。
    干支とお正月が楽しくわかる、絵本です。

  • 独特な絵と文字。
    版画チックな絵と文字の絵本で
    思わず、手にとった。
    年の暮れ、十二支たちがお節料理の準備をする話なんだけど、
    それぞれの役割がいい。
    なんだか、ほっこりする絵本です。

  • 日本古来の食文化・おせちと、十二支について(すごくザックリだけど)

    版画を思い出す。なんか懐かしい。こういう絵もフォントも好きだ
    また、面白い題材だなぁと思って読んでみた。
    由来は諸説あるようで、お子様向けに、本当にざっくりな説明なんだと思う。

    動物たちが可愛いし、彩りも鮮やかで見ていて楽しい。
    こんなふうに、みんなでお正月の準備をしてるのかと思うと、微笑ましい

    最後数ページは絵だけ。
    これが、元日の静かな朝 というかんじでまた乙
    あの、お琴の音が聞こえてきそう♪

  • 2012.12.5 4-1
    2012.12.12 2-4
    2012.12.19 5-2

  • 十二支が、お正月のじゅんび。干支と、お正月のことを、いっしょにたのしめる。一冊で、倍楽しい。

全31件中 1 - 10件を表示

十二支のお節料理を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

十二支のお節料理を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

十二支のお節料理を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする