ナビル―ある少年の物語

  • 76人登録
  • 4.05評価
    • (14)
    • (12)
    • (12)
    • (0)
    • (0)
  • 12レビュー
制作 : 今江 祥智 
  • BL出版 (2000年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784892387555

ナビル―ある少年の物語の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2016 8/15

  • 予約

  • “まだまだ遠いんだよ
     それでも見に行くっていうんだね?”

    学校の先生から聞いた、いちばん大きなピラミッドをこの目で見るために、ひとり砂漠へと旅立つ少年の物語。
    出会う大人たちの中には諭す者もいる、黙して少年を見る者もいる。
    少年は理由の多くを語らない。けれども削ぎ落とされたデッサンから伝わってくるのは静かで力強い欲求。普遍的なよろこび。

    いまだ見ぬ土地へ。まだ見ぬ世界へ。遠くへ。

  • 少年と共に感動し、うれしさがこみあげてきます。

  • 先生の話に聞いた壮大なピラミッドに魅せられ、ただひたすらに自分の足で歩いて
    それを見てみたいと思いつめたエジプトの少年ナビル。
    ガブリエル・バンサンの鉛筆デッサンの素描は、余分なものを一切排除し、
    柔軟で的確な線画のみで、ナビルの感性を伝えてきます。
    「ピラミッドをどうしても見たい!」しかし果てしなく遠い。
    でもナビルはあきらめません。思いつめたことを、ある日行動にうつす時、
    子どもは危険や困難を考えないもの。
    そんな冒険心が子どもの頃にあったな‥と読んでいて蘇ってきました。

    圧倒的に巨大で不可思議な建造物を初めて目にした時、
    人は言葉を失うほどの感動を覚えると思います。
    そして生涯、その感動を忘れないでしょう。
    感動は心の中に変化を生み、夢や、強さを育んでくれる‥‥
    そんな希望に満ちた作品です。
    バンサンのこの絵本を出版したBL出版と翻訳の今江祥智さんに
    拍手です。丁寧な仕事をしていると思います。

  • ガブリエル・バンサンのことを知ったのは、もう彼女が亡くなった後だった。それでもこの絵本の数々に出会えてよかったし、こんな素晴らしい作品を世に残してくれた彼女と神様に感謝したい。バンサンの絵本はどれも素晴らしいが、いちばん初めに読んで衝撃を受けたのは、この本。ナビルはアフリカの貧しい村に住む少年。ある日学校でピラミッドという、とても大きい建築物があることを学校の先生から聞く。その日からナビルはピラミッドが見たくてたまらなくなり、ある日とうとう家出してしまう。ナビルは出会う数々の大人たちに助けられ、やがてエジプトにたどり着き、ピラミッドを目の当たりにする。その表情の豊かさといったら!!!バンサンの感性の豊かさに身震いがするほどだ。ナビルはピラミッドを抱きしめる。そして、その後、村へ無事に帰る。迎えに出た父親の表情にも心打たれる。ナビルがどんな大人になったのか、バンサンは描かない。それがいいんだと思う。バンサンといえば、ねずみの女の子 セレスティーヌと、くまのおじさんアーネストの絵本シリーズが有名だ。こちらもとてもいいです。

  • 11月使用。

  • 少年の顔が切ない。

  • 鉛筆一本で表現される世界。

    砂漠と少年。

  • 絵だけの本です。
    この人の絵本は…あぁ〜っ。
    BOSSのおすすめ。

全12件中 1 - 10件を表示

ナビル―ある少年の物語を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする