ドラゴン (絵本)

  • 18人登録
  • 3.67評価
    • (2)
    • (0)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : Weyne Anderson  岡田 淳 
  • ブックローン出版 (1992年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784892388934

ドラゴン (絵本)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • [墨田区図書館]

    海の中で産まれたドラゴンの自分&お母さん探し。最初は魚、次は陸に上がって虫、そして鳥、ヘビ、ワニ、、、、と様々な動物めぐり。でも、最後に物知りの男の子に会えてよかったね。寒さで二人が凍えてしまったとき、ドラゴンが男の子に謝るのが印象的だった。普通?分かるよと言って道案内をしてきた男の子のことをなじってしまっても仕方がないかとも思ったけど、こういうところから、優しさと理想?の姿を感じて学び取っていってほしいなと思った。

  • 自分が何者だか分からない卵から産まれたドラゴンの子供。

    魚?虫?鳥?ヘビ?ワニ?

    人間の男の子に会って、本の記述に従ってドラゴンの住む方角に向かう。

    絵もすてき。

  • 小さい頃、枕の下に置いて毎日のように読んでいた。多分この本が私の読書の原点だ。
    絵も綺麗で、いつもまるで自分が「ぼく」であるかのような気分に浸っては、悲しくなったり、嬉しくなったりしたものだ。

    今でも絵本といえば一番に思い浮かぶのはこれだ。

  • H24年1月 2-1

  • ドラゴンの子供が、自分は何なのかを探し旅する物語です。

    絵がとても繊細で幻想的で、ずーっと見ていたくなります。

    Weyne Andersonはイギリス生まれのイラストレーターで、広告や様々なデザインの仕事の他、絵本もたくさん描いています。
    ドラゴンをモチーフにした作品が数多くあるようです。

    龍が好きで、書店で見つけてこれは絶対手に入れなければ!と買ってきました。
    龍とドラゴンとはちょっと違いますけどね。
    どちらも好きです。

全5件中 1 - 5件を表示
ツイートする