くじらの歌ごえ

  • 56人登録
  • 3.65評価
    • (5)
    • (5)
    • (13)
    • (0)
    • (0)
  • 14レビュー
制作 : ゲイリー ブライズ  角野 栄子 
  • BL出版 (1998年12月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784892389115

くじらの歌ごえの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 写真のような、美しい絵本。

    おばあちゃんから教えてもらったクジラに会う方法。

    素敵な歌をうたう生き物、クジラ。

    おじさんは、食料になる動物だというけれど、
    おばあちゃんのようにクジラの歌が聴きたいリリーは・・・。

    海に贈り物の花を落として、クジラを待つ少女の姿がすごく印象的な絵本。

    『庭のよびごえ』と同著者。

  • くじらは、人間と会話ができるかんじよね~

  • 絵が素敵。

  • 絵に魅かれて、息子と読みました。
    海にいるくじらにプレゼント、息子がやりそう。
    オーストラリアではホエールウォッチングが悪天候でダメでしたが、またいつか行こうね!

  • すごく素敵な絵本です。時々ふと読みたくなるので図書館で立ち読みします。

  • 美術館に立っているような幻想的な絵と夢を見ることで得られるものを教えてくれる。
    いい!!

  • 素敵な絵
    くじらモノは雄大で 好きだなぁ

  • 絵本でありながら、写実的且つ温もりのある絵柄だった。
    1ページ1ページ絵がとても丁寧で、画集を見ているだった。
    ストーリーも静かに進んでいく感じで、とても幻想的。
    大人が見ても楽しめる絵本だと思う。

  • 絵がリアル。

  • 祖母と祖父のくじらに対する考えたの対比が印象的でした。くじらの神秘的な歌声が聞こえてくるような絵本。

全14件中 1 - 10件を表示

くじらの歌ごえを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする