子どもに障害をどう説明するか―すべての先生・お母さん・お父さんのために

  • 17人登録
  • 4.00評価
    • (3)
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
  • ブレーン出版 (2005年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784892427961

子どもに障害をどう説明するか―すべての先生・お母さん・お父さんのためにの感想・レビュー・書評

  • 障害のあるこどものことを,学校の先生がほかのこどもたちにどう説明するか,という問題に正面から真剣に考えるこの本。
    実際に,広汎性発達障害やADHD,学習障害,精神遅滞,ダウン症などさまざま障害をもつこどもたちについて,保護者や先生方が説明を行った例を日本国内で何百例も集めて,それらのなかにほぼ共通して含まれる12の要素を抽出してそれぞれ例を挙げながら解説しています。
    告知・説明の今後の課題として,EBE(Evidence-Based Education)…その説明を行うことでほかのこどもたちの理解が高まったり,当事者のこどもとの摩擦・衝突が減ったり,その子への見方がプラスの方向へ転じたりしたか,という説明を行った目的の達成度をきちんと評価して,説明の結果を検討することが重要になるだろう,という点にも触れられています。
    そして何より大切なことは,説明される当事者のこどもに対しても,説明を聞くこどもたち一人一人に対しても「決してあなたをひとりにはしない」というメッセージが伝わることだ,と…。
    本当にそのとおりだと思います。
    こんな素晴らしい本が3年も前に出版されていたなんて…。障害をもつこどもさんの保護者の方や,学校の先生みなさんに,そして医療・福祉など幅広い支援職のみなさんにも,ぜひ一度読んでいただきたい本です。

全1件中 1 - 1件を表示

子どもに障害をどう説明するか―すべての先生・お母さん・お父さんのためにを本棚に「読みたい」で登録しているひと

子どもに障害をどう説明するか―すべての先生・お母さん・お父さんのためにを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

子どもに障害をどう説明するか―すべての先生・お母さん・お父さんのためにはこんな本です

子どもに障害をどう説明するか―すべての先生・お母さん・お父さんのためにの単行本

ツイートする