英文をいかに読むか

  • 57人登録
  • 3.60評価
    • (3)
    • (3)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 朱牟田夏雄
  • 文建書房 (1959年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (347ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784892490040

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 高政
マーク・ピーター...
佐々木 高政
有効な右矢印 無効な右矢印

英文をいかに読むかの感想・レビュー・書評

  • 英文解釈系学習書のレジェンド。
    僕の手元にあるのは、平成22年第67刷。かすれた活字から古き良き(?)教養主義の香りが漂ってくる。

    さすがに古いだけあって難易度順に英文を並べるとかいったサービスはないし、構文解析の手法は今の方が洗練されているのではないかとも思う。
    引用部分がぶつ切りにすぎるうらみもあって、リード文を読んでも、すんなり入っていけないこともしばしば。

    ただ、モーム、ディケンズ、オーウェルにラッセルと、英文のクオリティは間違いない。
    だから、それなりの覚悟のもと、辞書を引きまくり、品詞分解を試み、頭をフル回転してコンテクストを読み、それでも足りなければ、簡にして要を得た注釈を涙目でチラ見してから英文に戻り、行きつ戻りつしながらまた考える。考えて考えて、ふと辻褄の合う解釈が浮かび、訳文をさっと読んでみる。論理に矛盾がなく、概ね合っていれば、それでよし。余裕があれば、翻訳の妙技を味わってみる。
    ”スキミング・スキャニングで情報を取りに行く”ようなただ長いだけのつまらない英文では、ここまでやる気にはなれない。

    それにしても、昔の高校生は、語彙力、文法・語法力、論理力に背景知識を総動員するような、こんなレベルの英文解釈をやっていたのかと驚いた。

  • 受験英語は、いかに内容を理解するかに絞りました。
    英文をいかに読んでも、内容が知らないことであれば、単語ひとつがわからないだけで内容が分かりません。
    それに対して、内容を知っていれば、単語や熟語を5個や10個知らなくても、文意が分かります。

    必要なのは英文をいかに読むかではなく、内容をいかに読むか。
    表題は、「英文の内容をいかに読むか」にして欲しい。

全4件中 1 - 4件を表示

英文をいかに読むかを本棚に登録しているひと

英文をいかに読むかを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

英文をいかに読むかはこんな本です

ツイートする