ポッピズム ウォーホルの60年代

  • 23人登録
  • 4.50評価
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : Andy Warhol  高島 平吾 
  • 文遊社 (2011年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (437ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784892570643

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アゴタ・クリスト...
今和泉 隆行
ロバート・ヘンラ...
三島 由紀夫
ヴィクトール・E...
ばーじにあ・りー...
アンディ ウォー...
有効な右矢印 無効な右矢印

ポッピズム ウォーホルの60年代の感想・レビュー・書評

  • なんつーストレスフリーな生活。ではありますがファクトリーに集うのは社会のはみ出し者ばかりですから、その鬱憤が発散される場でもあり、それもポップだと面白がり作品にしようかな、なんて考えてるのがアンディ・ウォーホル。ほぼ日記のごとくファクトリーでの出来事が書いてあるだけなんですが、どんな潮流や流行、政治の影響も受けないウォーホルの姿勢に感銘しますね。目の前で起こっていることは単に現象であり、そこにはユーモアがあるって素敵じゃないか、と…petsoundsの話題もありました。

全2件中 1 - 2件を表示

ポッピズム ウォーホルの60年代の作品紹介

アンディ・ウォーホルが現代美術の枠を超え、メディアの寵児となった1960年代を克明に綴った自伝。抽象表現主義から、ポップアートに至るアメリカ現代美術を、ラウシェンバーグ、ジャスパー・ジョーンズらとの関わりを交えて振り返る前半、映画・音楽制作を、イーディ・セジウィック、ボブ・ディラン、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドらとのファクトリーでの狂躁の日々を通して再現する後半まで、息もつかせない。

ポッピズム ウォーホルの60年代はこんな本です

ポッピズム ウォーホルの60年代の単行本

ツイートする