歳月

  • 26人登録
  • 2.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 野島秀勝  大石健太郎  大澤實 
  • 文遊社 (2013年11月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (576ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784892571015

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J.L.ボルヘス
ロベルト ボラー...
フランツ・カフカ
アンナ・カヴァン
ウラジーミル ナ...
アントニオ・タブ...
リディア・デイヴ...
ヴァージニア ウ...
ドストエフスキー
ミハル・アイヴァ...
アンナ・カヴァン
レーモン クノー
カーソン マッカ...
ヴァージニア ウ...
有効な右矢印 無効な右矢印

歳月の感想・レビュー・書評

  • 文月葉月のナイトキャップ読書。パージター家の人々、その独白。個の孤独を内側に立たせ 空間の意義を放棄し 時空に漂い 内奥を凝視する、極めてエレガントに。物語の期間、ヨーロッパでは空前の犠牲を払った第一次大戦が起きているが、その“家”には希薄な蜻蛉のような ある種の暢気さが漂っている。それでも彼女は言う“To the New World!”と。“We shall be free, we shall be free, Eleanor thought”…エリナの忘却、終戦という人為的境界線をつくることはできても、もはや平和は人々の想いの中にしか存在しないであろう予感、未来への絶望を引き受けた安堵感。また 読みたい。

  • 難解なウルフ論にはもちろんついていけないが、読むと面白くないわけではない、という位置づけでそこそこ読んでいるウルフ。2013年に新刊が店頭に並んだのが珍しく読んでみた。
    …で、私は何について600ページ近くを読んでいたのか、読み終えてもよくわからない。タイトル通り、歳月=The Yearsを読んでいたのだろう。パジター家の年代記だが、誰が主人公とも何がテーマともつかない。淡々と老いて移ろいゆく人々、背景にあるイギリスの季節と風景の繊細な描写が続く。その美しさに、読み手としてウルフの時間そのものに加わりたくなる。
    中心人物といえるのはエリナで、後書きでウルフが自分をなぞらえていたのだと読み、親近感を抱く私はだいぶこじらせている(苦笑)孤独で活動的でひねくれたオールドミス。

全3件中 1 - 3件を表示
ツイートする