日時計

  • 65人登録
  • 3.25評価
    • (0)
    • (4)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : 渡辺庸子 
  • 文遊社 (2016年1月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784892571169

日時計の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • シャーリイ・ジャクスンの未邦訳長編。
    『くじ』や『丘の屋敷』といったホラーの印象が強いが、本作は人間関係を軸にした心理劇と表現する方が近い。癖のある登場人物が次々と現れるが、誰も彼も、決して親近感が持てるタイプではない……というのも面白かった。
    本書は決して怖くはないし、既訳がある2つの長編『丘の屋敷』『ずっとお城で暮らしてる』のイメージで読み始めると、意外に感じられることも多い。が、本書で繰り広げられる人間関係を眺めていると、薄ら寒くなってくるのも事実。その辺りがシャーリイ・ジャクスンの上手さだなぁと思う。

    文遊社はアンナ・カヴァンの邦訳も手掛けている版元だが、相変わらず宣伝をしてくれないので、ある日突然、書店の店頭で見かけて慌てて買う、というパターンが多い。もうちょっとアチコチで宣伝してくれないものだろうか……。

  • 2017/6/7購入

  • 最近、シャーリージャクスンの作品がちょこちょこと出てるので、ほいほい釣られて買ってます。
    本書「日時計」は、作者の数少ない長編の1つで、本邦初だとか。しかもお屋敷舞台ということで、かなり期待してました。屋敷からなぜか出られなかったり、屋敷そのものが意思があるかのように不気味な存在であるというところは、他の長編にも共通しているようです。

    登場人物はすべて感じ悪く、子供すらかわいくなくてそこが面白かったです。ジャクスンは人間のいやーな所を書くのが得意なんで、真骨頂です。
    今回はある意味終末ものでもあるのですが、カヴァンと違うのは、ジャクスンはどこか理性的である所かなーという気がします。
    しかし、ジャクスン自身は家庭を持ち幸福だったと思いますが、なぜこんなに女性の孤独や閉塞感を書くのがうまいのでしょうか。女性はどんな状況でも、こんな気持ちをどこかに持っているのかもしれません。

  • 何て変わった物語りだろう!
    登場人物すべてがくせのある悪者ばかりで、一人として善人がでてこない!!強いて言えば、家庭教師のミス・オグルビーが一番ましかな…
    ファニーおばさまのみた父の予言をみな信じて、最後の日に備えてみんなが行動する姿はなんとも滑稽だ。
    いよいよその最後の日に、ハロライン夫人が階段から落ちて死んでしまうのは意外だった。
    そして、ラストもなんか尻切れトンボ❗
    せめて、一夜が明けたところまで描いて欲しかった。
    シャーリィ・ジャクソンの他の作品も読んでみたくなった

全4件中 1 - 4件を表示

シャーリイ・ジャクスンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ポール オースタ...
アンディ・ウィア...
カレン・ラッセル
ピエール ルメー...
エラ・フランシス...
スティーヴン・ミ...
パトリシア ハイ...
シャーリイ ジャ...
アンナ カヴァン
植本一子
カーソン マッカ...
カズオ イシグロ
有効な右矢印 無効な右矢印

日時計を本棚に「読みたい」で登録しているひと

日時計を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

日時計の作品紹介

世界の終わりを告げる声、そして「屋敷」は新世界への方舟となる-傑作長篇、本邦初訳。

ツイートする