絞首人

  • 31人登録
  • 3.33評価
    • (0)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 佐々田雅子 
  • 文遊社 (2016年8月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784892571190

絞首人の感想・レビュー・書評

  • のっけからずーっと、船酔いのようにして読んだ。厭なタイトル、鬱陶しい家族、居場所の定まらない寮生活…少女世界に付き物の不穏な空気が、どこが地面だかわからなくさせる。明るさや正しさが、逆に奇妙に感じられてくる。

    ラストはシャーリイ・ジャクソンらしからぬ?と感じられ、私にはちょっと驚きだった。

  • 『くじ』や『たたり』などで知られるシャーリイ・ジャクスンの初期長編。
    実際に起きた女子学生の失踪事件をモチーフにしているが、後期の長編に見られるゴシックホラー的な要素は無く、一見すると女子大生の青春を描いている一般文芸のようにも見える。が、主人公が持つ危うさは、後の長編に通じるものがあった。

    因みに東京創元社からも文庫で刊行予定があるようだ。本書は文遊社の単行本だが、同社からは『日時計』が出ている。
    そう間が開かずに、2社から同じ長編の邦訳が出るのは珍しいなぁ。

全2件中 1 - 2件を表示
ツイートする