できれば晴れた日に―自らの癌と闘った医師とそれを支えた主治医たちの思い (へるす出版新書)

  • 17人登録
  • 4.50評価
    • (5)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 板橋繁
  • へるす出版 (2009年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784892696756

できれば晴れた日に―自らの癌と闘った医師とそれを支えた主治医たちの思い (へるす出版新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 40代半ば、3人の子(末っ子はまだ7歳)を持つ父である呼吸器内科医が癌(印環細胞癌)を宣告され、永眠するまでの2年7ヶ月におよぶ手記。再発後、板橋氏は自らの日記を振り返り、思いや感想を書き加えた。さらに彼の没後、支えつづけた医師たちが、闘病記を読み解き、思いや苦悩を追記した本。

    進行癌で予後が悪い、子どもが小さいとなると癌と闘わざるを得ない。闘って己の命数を延ばす、なんてことではなく、闘って少しでも存命し、その間に収入を得て家族にそれを遺す、それだけの目的のために闘う。それが一家の大黒柱としての責任感か・・・。

    遺書を書き、保険や遺せるもの、家族に思いを馳せ・・・癌と闘う決意を固めた板橋氏。高校サッカー部の先輩が執刀医となっての胃亜全摘手術。化学療法。体重の減少。そして再発。。

    病を得、副作用に苦しみながらも診療を続け、講演を数多くこなし、サッカーを楽しみ、変わらぬ日常を続けようとする彼を癌が追い詰めていく。。

    食べ物を受け付けず痩せ細る彼を心配し、仕事量を減らし身体を休めるよう進言し、酒席の誘いなども遠慮する周囲と、それらを取り上げられることに寂しさや疎外感を感じる板橋氏。

    再発後も、子どもとキャッチボールも出来ないような、入院生活が長引くだけの延命治療に金銭を使うことには意味を見出せないと抵抗し、最後まで痛みと闘い続けた人。

    医療従事者自身が癌患者となってしまった葛藤、苦しみ、そして生き様。壮絶な命のメッセージ。

  • 三葛館With T||493.45||胃癌

    胃癌に罹った医師自らが記した日記。再発後、日記に振り返りの文章を付し、さらに彼を支えた仲間の医師たちも当時の様子を振り返る。
    医師として、客観的に病気を見つめながらも、残してゆく家族への痛切な思いが語られている。

    和医大OPAC →http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=54742

  • 医者なら絶対に読むべき本。命をかけて書かれたメッセージを受け取らなければならない。

  • 彼の死を聞き本書を求め、しかしずっと扉を開けなかった状態でした。遅れて知った友人に本書を渡すために、やっと読みました。実はこのレビューも読了後しばらく時間をおいてから書いてます。ページをめくるたびに溢れてくる仕事への思い、家族への思い、仲間への思い、が同世代のリアルな共感としてこちらの身体に流れ込んできました。しかし、なんという強さだろう。病の進行に沿った闘病の時間、それを後から振り返る医師としての本人のコメント、そしてすべてが終わった後の彼をよく知る先輩医師たちの証言、この三層構造もただの闘病記とは違う強さを感じさせています。

全4件中 1 - 4件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

できれば晴れた日に―自らの癌と闘った医師とそれを支えた主治医たちの思い (へるす出版新書)を本棚に登録しているひと

できれば晴れた日に―自らの癌と闘った医師とそれを支えた主治医たちの思い (へるす出版新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

できれば晴れた日に―自らの癌と闘った医師とそれを支えた主治医たちの思い (へるす出版新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

できれば晴れた日に―自らの癌と闘った医師とそれを支えた主治医たちの思い (へるす出版新書)はこんな本です

ツイートする