日本で一番使える節税の本 新装改訂版

  • 25人登録
  • 4.20評価
    • (2)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 佐々木道康
  • ブックマン社 (2009年3月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784893087065

日本で一番使える節税の本 新装改訂版の感想・レビュー・書評

  • 節税の成功例が書いてある。

  • 自分の会社は節税ができているか。1000社以上の経営をコンサルティングしてきた著者が、目からウロコの節税法を伝授。税理士、公認会計士が教えてくれない、税金急減の超秘策集。(オンライン書店より)

    完全にタイトルにやられた。(笑)節税って如何に会社の利益額を減らすかが勝負だと思っていたので、どんな方法があるのか興味深々で読み進めてみる。

    本書は各章ごとにテーマ分けされており、ポイントを絞って節税方法を指南してくれる。利益を大幅に上げたときの節税や、決算時のちょっとした節税やサラリーマンの節税など多岐に渡る。非常に読みやすく内容も核心をついていたので、とても参考になった。当り前のことだが、あくまで節税対策なので、会社に大きな利益を残すことが大前提だ。これから新事業する者にとっては実用できる対策は数少なかったが、税制に対する考え方を大きく変えてもらえた。

    やはりこういった手法は素人ではまずできない。公認会計士や税理士の需要があるのがなるほどと納得できる。私もできれば税理士さんに顧問契約を(安く)していただき、間違いのない年末調整や決算書作成や青色申告などをしていく必要があるのかなと考えている。良い税理士さんにめぐり合えたらいいなぁ。

全2件中 1 - 2件を表示
ツイートする