親の「 老い 」を受け入れる ~下町医師とつどい場おばはんが教える、認知症の親をよくする介護~

  • 51人登録
  • 4.09評価
    • (3)
    • (6)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
  • ブックマン社 (2015年12月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784893088536

親の「 老い 」を受け入れる ~下町医師とつどい場おばはんが教える、認知症の親をよくする介護~の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 在宅医の長尾先生と「つどい場さくらちゃん」を設立した訪問介護員のまるちゃんとの会話形式で綴られる「親の老い」について。ホッとするような写真が単元ごとに添えられているのが嬉しい。

    はじめに親が老いるということ.....と書き連なる4ページほどの詩がある。
    自分としては、わかっていたつもりであった。
    「老いること」を理解しているつもりであった。
    でもやっぱり分かっていなかったのだと痛感した。
    まずはともあれ、この詩を読めたことは良かった。

    「最近ボケてきたんじゃないの? 」どんなに仲の良い親子でも禁句です。と先生は語る。子供が親を否定してもろくなことはありませんし、言わなくていいこともあると....。
    あ~言いまくっている私。冗談半分に両親に会うたびに言っていた。

    介護とは子育ての映し鏡だそうだ。
    親との楽しい思い出が皆無の人には在宅介護は無謀なことだと述べられている。幸せな記憶があるかどうか....。

    お互い無理せず楽しくゆっくりと過ごしていきたいものだと思いました。結局、心配事なんて考えず、今を受け入れ大切に生きることが大事。

  • 図書館で借りて読んだ。悲しいわけではないが涙無しでは読めない。
    繰り返し読みたい。

  • 年を取れば誰でも老いていくのは当たり前の事。親の老いを自然な事と受け入れなさいという内容。捉え方次第なのかもしれないが、読んで理解するのと実際に目の前にして介護するのとでは全く違うのだろうなと。

  • 読んでいると受け入れている気持ちだけれど、いざ、自分となったときに冷静で入れるのか心配。

全4件中 1 - 4件を表示

長尾和宏の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
西 加奈子
宮下 奈都
村田 沙耶香
佐々木 圭一
桜木 紫乃
三浦 しをん
中島 京子
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

親の「 老い 」を受け入れる ~下町医師とつどい場おばはんが教える、認知症の親をよくする介護~を本棚に登録しているひと

親の「 老い 」を受け入れる ~下町医師とつどい場おばはんが教える、認知症の親をよくする介護~を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

親の「 老い 」を受け入れる ~下町医師とつどい場おばはんが教える、認知症の親をよくする介護~はこんな本です

ツイートする