マンガで読む メンタルクリニック診察室 心の病の治し方

  • 18人登録
  • 3.75評価
    • (1)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 岡田尊司
制作 : サノマリナ 
  • ブックマン社 (2016年3月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784893088567

マンガで読む メンタルクリニック診察室 心の病の治し方の感想・レビュー・書評

  • 医療を施す側、患者側、両方の立場に立って書かれているように感じた。
    純粋に漫画作品としてのレベルも高く、絵のタッチも好みで読みやすかった。
    できることなら、また読み返したい。

  • 借りたもの。
    精神科・心療内科で行われている治療の流れを解説した漫画

    「メンタルクリニック」――精神科・心療内科とはいかなるものか、どの様な経緯を経て、何をもって「治療」とするのかを2つのケースを元に紹介する。

    挙げられている事例は主に「家族関係」に関わるものだった。
    母子関係、最近話題の毒親問題とか、通俗的な”男らしさ”の定義にがんじがらめになって、問題を抱え込んでしまう男性のケース。
    最近話題の“毒親”問題。
    原因は確かに親だが、それを親に責めても意味がなく、大切なのは、毒親に育てられた故に、束縛から逃れられない自身をどうするか、という問題解決であることを暗に仄めかしている。

    精神疾患やアルコールや薬物などの依存症、重度で日常生活に支障をきたしているケースではないところに、”それだけではないこと”敷居の高さ?や偏見(閉鎖病棟行きとか薬物依存的になってしまうとか)を払拭しようとする試みを感じる。

    物語の転機となる主人公の「ひらめき」が、夢診断(占い?)であることに、眉唾と強引さを感じてしまうのだが……
    (フロイトは心理学ではもはや古典文学では?でも面白い)
    コマ割りとページの都合上だろう……

全2件中 1 - 2件を表示

マンガで読む メンタルクリニック診察室 心の病の治し方を本棚に登録しているひと

マンガで読む メンタルクリニック診察室 心の病の治し方のKindle版

ツイートする