昼、介護職。夜、デリヘル嬢。

  • 43人登録
  • 3.75評価
    • (1)
    • (5)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 家田荘子
  • ブックマン社 (2016年6月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784893088598

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村田 沙耶香
村田 沙耶香
ヴィクトール・E...
佐々木 圭一
三浦 しをん
又吉 直樹
黒川 博行
中村 文則
有効な右矢印 無効な右矢印

昼、介護職。夜、デリヘル嬢。の感想・レビュー・書評

  • 「介護の仕事が好き。」
    報酬が低くても好きな方がいらっしゃるからこの業界、今ギリギリで何とかやっていけてるのかもしれない。
    家族の知らないところで、大変な苦労がある。そんなこと知らなかった。。。
    「報酬が高くなってもデリの仕事は続けたい・・・」この気持ち、男の私にはまだわからない。

  •  タイトルの通り、昼に介護職として働き、夜や休日にデリヘル嬢として働く女性にインタビューした形式のノンフィクション。

     介護という世間に対して正しい職業と、デリヘルというセックスワーカーを両立させている女性が多数いる。それは介護職だけでは食べていけないほどの低賃金であることに加え、いま、介護されている人たちの、介護する人へのみくだしのまなざしがある……という話なのだが、どうにもなんだか「ノンフィクションの形式を取った作者のメッセージ」という気がしてならない。
     この本に出てくる彼女らは、きらきらとしながらやりがいを持ちプライドを保ちつつ両方の仕事に片足ずつを突っ込んでいる。だけど、そうじゃない人も居るんじゃ無いか? その声を拾わなくて良いのか? 本当の低賃金による苦労はそこにあるのか? となる。
     個人的には、ブラック企業のことを「自分を鍛えるのに良い場、向上心がないから辛いって言う」のに似ているような気がする。

     なお、この本に出てくる女性がニセモノだとか嘘だ言うつもりは無い。立派に働いているし、よくぞきちんと立っていると思う。
     だが、彼女らを選ぶ作者さんの視点は、果たしてフラットなんだろうか……と疑問を感じた。
     数をそろえるなら考え方の違うバリエーションが知りたい。あるいは、ひとりの個人をもっと深く。もしくは、介護という業態をもっと深く掘り下げた内容が知りたくなった。
     もしかしたらこのシリーズで何作も書く第一作かもしれないなとも思う。

  • デリヘル嬢、という言葉にいやらしさを感じていた、そんな自分を恥じた。介護職と大差ないのかも、そして究極の介護職がデリヘルなのかもしれないと感じた。

全3件中 1 - 3件を表示

昼、介護職。夜、デリヘル嬢。はこんな本です

昼、介護職。夜、デリヘル嬢。のKindle版

ツイートする