ジャッキーのパンやさん―くまのがっこう (PICT.BOOK)

  • 451人登録
  • 3.67評価
    • (51)
    • (52)
    • (112)
    • (0)
    • (4)
  • 62レビュー
制作 : あだち なみ 
  • ブロンズ新社 (2003年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784893092823

ジャッキーのパンやさん―くまのがっこう (PICT.BOOK)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • くまのこたちが1年も前からパン屋さんを開こうと
    楽しみにしていたパサーの日。

    パン作りの準備は食材調達から!
    蜂さんの格好をして木に座ってるジャッキーが
    かわいすぎるっっっ[*´▽`*]

    がんばって集めたベリーやハチミツ、
    おっきなかぼちゃ、マオマオのミルク
    パッケージがすごくステキな小麦粉を使って
    おっきなおっきなパンが完成!

    かわいいハプニングに優しいバザーの1日。
    トランポリンができそうなくらいに
    おっきなおっきなパン、憧れちゃうなぁ~♡

  • くまのがっこう第2弾。
    バザーの日、それはくまのがっこうのみんなが作る、美味しいパン屋を開く日なのです。朝6時から材料集めをして完成した南瓜パン…ふんわり美味しそう(*´ω`*)相変わらずジャッキーは手伝いしていないな〜と思ったら、パンの上にダイブ!ここまでお転婆だとは驚きです(O_O)パンが中々売れず落ち込むジャッキーの前に現れたお兄ちゃんたち、なんて可愛いらしいΣ(*´∇`*)!ラストのプレゼントが誰からか気になる〜。1頁1頁の絵が可愛くてときめきました♪
    3番目と4番目のお兄さんの名前が判明!3番目はアントン、4番目はアルバートでした。アントンは常に読書をして、片時も本を手放さないようです。

  • 12人のくまの子たちがバザーのために作ったのは巨大なかぼちゃパン。しかし、おてんばジャッキーがやらかしちゃいます。とりあえず、いつも本を手放さないお兄ちゃんが、アントンである事はわかりました。でも、四番目のアルバートはいつも見逃してしまいます。

  • 失敗してもめげないジャッキー、妹思いの優しい兄さんたち。
    12ひきのくまが繰り広げる心温まる物語です。
    絵本の中には擬音・数字・細かいイラストなど子どもたちが楽しめる要素満載です◎

    17K046

  • なんだかんだいってジャッキーにあまいお兄さんの様子に心温まります。

  • 絵はとてもかわいい。お話もかわいいけど、わざわざ「おくろっく」じゃなくていいのに、と思ってしまう。それも面白みなんだろうけど、幼児と読むには、シンプルな文章の方が好きかな。

  • 時間がすすむ感覚が楽しい。おてんばジャッキーを気遣う優しい兄弟の気持ちが嬉しい。

  • 淡々と毎日が流れていく、一巻と違い。
    とても面白く読めました。わくわくしました。
    個人的に好きな場面は くまのお兄ちゃんたちが
    ジャッキーのためにお客さんに変装してくるところ。
    ジャッキーとお兄ちゃんたちの絆の深さを感じました。

  • 今回はバザーで売るパンを作るお話。
    絵は満点。原画がみてみたくなります。
    ただ、このシリーズの文章がちょっと苦手。
    さんきゅとか、おくろっくとか。
    ストーリーもいまいちです。ジャッキーがどうも好きになれないんですよね・・・

  • きょうだいたちがたすけあっているところがいいと思いました。それに、けんかをしてもなまいきな女の子ジャッキーをあとからはげます、おにいさんたちがやさしいと思いました。

全62件中 1 - 10件を表示

あいはらひろゆきの作品

ジャッキーのパンやさん―くまのがっこう (PICT.BOOK)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ジャッキーのパンやさん―くまのがっこう (PICT.BOOK)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ジャッキーのパンやさん―くまのがっこう (PICT.BOOK)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする