ジャッキーのパンやさん―くまのがっこう (PICT.BOOK)

  • 450人登録
  • 3.67評価
    • (51)
    • (52)
    • (112)
    • (0)
    • (4)
  • 62レビュー
制作 : あだち なみ 
  • ブロンズ新社 (2003年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784893092823

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
酒井 駒子
なかがわ りえこ
A.トルストイ
有効な右矢印 無効な右矢印

ジャッキーのパンやさん―くまのがっこう (PICT.BOOK)の感想・レビュー・書評

  • くまのこたちが1年も前からパン屋さんを開こうと
    楽しみにしていたパサーの日。

    パン作りの準備は食材調達から!
    蜂さんの格好をして木に座ってるジャッキーが
    かわいすぎるっっっ[*´▽`*]

    がんばって集めたベリーやハチミツ、
    おっきなかぼちゃ、マオマオのミルク
    パッケージがすごくステキな小麦粉を使って
    おっきなおっきなパンが完成!

    かわいいハプニングに優しいバザーの1日。
    トランポリンができそうなくらいに
    おっきなおっきなパン、憧れちゃうなぁ~♡

  • くまのがっこう第2弾。
    バザーの日、それはくまのがっこうのみんなが作る、美味しいパン屋を開く日なのです。朝6時から材料集めをして完成した南瓜パン…ふんわり美味しそう(*´ω`*)相変わらずジャッキーは手伝いしていないな〜と思ったら、パンの上にダイブ!ここまでお転婆だとは驚きです(O_O)パンが中々売れず落ち込むジャッキーの前に現れたお兄ちゃんたち、なんて可愛いらしいΣ(*´∇`*)!ラストのプレゼントが誰からか気になる〜。1頁1頁の絵が可愛くてときめきました♪
    3番目と4番目のお兄さんの名前が判明!3番目はアントン、4番目はアルバートでした。アントンは常に読書をして、片時も本を手放さないようです。

  • 12人のくまの子たちがバザーのために作ったのは巨大なかぼちゃパン。しかし、おてんばジャッキーがやらかしちゃいます。とりあえず、いつも本を手放さないお兄ちゃんが、アントンである事はわかりました。でも、四番目のアルバートはいつも見逃してしまいます。

  • 失敗してもめげないジャッキー、妹思いの優しい兄さんたち。
    12ひきのくまが繰り広げる心温まる物語です。
    絵本の中には擬音・数字・細かいイラストなど子どもたちが楽しめる要素満載です◎

    17K046

  • なんだかんだいってジャッキーにあまいお兄さんの様子に心温まります。

  • 絵はとてもかわいい。お話もかわいいけど、わざわざ「おくろっく」じゃなくていいのに、と思ってしまう。それも面白みなんだろうけど、幼児と読むには、シンプルな文章の方が好きかな。

  • 時間がすすむ感覚が楽しい。おてんばジャッキーを気遣う優しい兄弟の気持ちが嬉しい。

  • 淡々と毎日が流れていく、一巻と違い。
    とても面白く読めました。わくわくしました。
    個人的に好きな場面は くまのお兄ちゃんたちが
    ジャッキーのためにお客さんに変装してくるところ。
    ジャッキーとお兄ちゃんたちの絆の深さを感じました。

  • 今回はバザーで売るパンを作るお話。
    絵は満点。原画がみてみたくなります。
    ただ、このシリーズの文章がちょっと苦手。
    さんきゅとか、おくろっくとか。
    ストーリーもいまいちです。ジャッキーがどうも好きになれないんですよね・・・

  • きょうだいたちがたすけあっているところがいいと思いました。それに、けんかをしてもなまいきな女の子ジャッキーをあとからはげます、おにいさんたちがやさしいと思いました。

  • くまのがっこうシリーズの中で初めて子どもに読んであげた一冊。パンをつくるところから描写されているのでとってもおいしそうです。この本を読んでくまのがっこうシリーズにハマりました。(わたしが。子どもはまだ0歳なので、読み終わる頃には別のおもちゃで遊び始めています。)

  • ジャッキーのごほんほしい。と長女が言ったので、第2弾を買ってみた。お話はすこうし長いので、途中で飽きちゃうみたいだけど…おにいちゃんたちがいいやつでね~まだ見分けつかないけど(笑)。ジャッキーはもうちょっとかわいげがあるといいね。でも、くまのがっこうていうけど、先生出てこないよね。まさか、大自然が先生とかそういうあれ?

  • バザーで売るために、お兄ちゃんたちは朝から材料を集めに行って、とっても大きなかぼちゃパンを焼く。
    ところが、ジャッキーがはしゃいで乗っかって潰れてしまったために売り物にならなくなってしまった。
    案の定売れなくて、その上、雨まで降ってきてしまう。
    泣きそうになるジャッキー。
    そこへ、おにいちゃんたちがお客さんに変装(?)してパンを買いにきてくれるのだった。

    「6 おくろっく」とかって最初何だか分らなかった。
    時間だったのね…。

    いろいろな衣装を着ているおにいちゃんたちも見どころ。
    こんなに大きいパンを食べてみたい。

  • がっこうのバザーで売るためにパンを焼くお話。
    ありえないほど巨大なパンを持ち上げるジャッキーがかわいい。
    そしてお兄さんたちがそれに輪をかけてかわいいです。

    ただ、結局バザーはどうなったのか……?

  • 今回はくまのがっこうのバザーの日。くまのこたち12人は、みんなでおいしいパンやさんを開くことにしました。それはそれは、かわいくておしゃれなパンやさんです。ジャッキーのためにお兄ちゃんたちが変装して、お客さんとして並んだ姿には、かわいすぎてノックアウトでした。
    お話しの終わり方がなぜ?とも思いましたが、プレゼントのキルトのおふとんもかわいく、終始目を楽しませてもらえます。

  • さっき怖い本を読んだので

    ジャッキーの可愛さに癒されました。
    (今でも寒気するけど・・・)

    個人的にお気に入りは、

    かぼちゃを運ぶ場面です。

    みんなの後姿可愛い。

    あと、ジャッキーがみんなの帽子持ってるのも。

    お客になった時のおにいちゃんたちの服装が

    全然統一感がなくて笑えました。

  • だいすきな絵本 ジャッキーとお兄ちゃんたちが可愛すぎます 一文一文が綺麗で可愛くて、 特にパンづくりのシーンがやばばばば

  • (図書館)
    あ~~~ん

  • この一冊はいただきもので、シリーズの他の本は図書館で読みました。日本語がなんか微妙で娘も「?」って感じだったけど、絵は可愛い。ていうかよく見ると細かいところまですごく凝っている絵。3歳頃。

  • 兄たち優しー。

  • 私も変装して買いに行きたい!

  • おにいちゃんたち甘やかしすぎだろう。
    だがそれがいい。

  • くまのきょうだい上の11人は男の子、末の女の子がジャッキーです。
    学校のバザーでパン屋を開こうと準備を始めますが、働くのはお兄ちゃんばかり。
    やっと完成したかぼちゃパンもジャッキーが台無しにしてしまいます。
    一人で売りに行くジャッキーですが、当然売れず雨も降ってきて・・・
    お客さんになって来てくれたお兄ちゃん達を見てジャッキーが泣く場面がかわいい。
    きょうだいは顔の形や体の大きさが少しずつ違っていて比べるのも楽しいです。 

全62件中 1 - 25件を表示

ジャッキーのパンやさん―くまのがっこう (PICT.BOOK)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ジャッキーのパンやさん―くまのがっこう (PICT.BOOK)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ジャッキーのパンやさん―くまのがっこう (PICT.BOOK)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする