はじめての劇作―戯曲の書き方レッスン

  • 19人登録
  • 3.89評価
    • (3)
    • (2)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : David Carter  松田 弘子 
  • 日本劇作家協会 (2003年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784893092885

はじめての劇作―戯曲の書き方レッスンの感想・レビュー・書評

  •  原題が「How to write a play」である。まさにそのままの本だ。今までそういうコンセプトの本はいくつか読んだが、その中ではベストに押したい。というのは、セオリーがとても具体的に書いてあるからだ。たとえば基本的な「プロットは7つしかない」という断定的な書き方、そういうのを読むと嬉しくなる。もちろん組み合わせていくだけだけど、こういう「物差し」があると、自分の書きたいものを形にしていくとき、とてもありがたいのだ。実際に台詞を書く前に作っておいた方がいい資料とか、非常に実践的で説得力がある。

     そして好感が持てるのは、「ルールを破るためにはルールを知らなければいけない」という主張である。この本に書かれているのはセオリーである。従うかしたがわないかは、知った上で自分で決めればいい。それが作者の考え方だ。その通りだと思う。思い切り従っても絶対に損はないと思うが。さすがに「日本劇作家協会」が「人材育成支援事業」として出版しただけのことはある。発想の仕方から売り込みの方法(さすがに日本の場合とは事情が違うけど)まで、芝居の台本を書こうとする人は絶対に読んで損はないと思う。

全2件中 1 - 2件を表示

はじめての劇作―戯曲の書き方レッスンはこんな本です

はじめての劇作―戯曲の書き方レッスンのペーパーバック

はじめての劇作―戯曲の書き方レッスンのペーパーバック

ツイートする