365まいにちペンギン

  • 232人登録
  • 3.92評価
    • (36)
    • (26)
    • (33)
    • (4)
    • (1)
  • 42レビュー
制作 : ジョエル ジョリヴェ  Jean‐Luc Fromental  Jo¨elle Jolivet  石津 ちひろ 
  • ブロンズ新社 (2006年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (46ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784893094025

365まいにちペンギンの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ある日、突然、宅急便でペンギンが送られてくるお話です(笑)一羽ずつ送られてきてペンギンだらけでとても可愛くて面白いです(´▽`*)オチもいいですね〜♪どうしてペンギンが送られてくるのか不思議でしたがちゃんと理由もあり、勉強にもなりました!一羽だけ区別のつく可愛いフリルゥが登場したところ以降のページからは必ずフリルゥがどこかにいるので探すのも楽しかったです★お子さんと読む場合はお子さんに探させてあげると盛り上がると思います♪ペンギン好きさんには必見です(笑)

  • 1日1匹ずつ、家に送りつけられてくるペンギン。誰がこんなことを?数の増えたペンギンとの生活には問題も色々生じてきて・・・。

    本屋さんにて、でーんと表紙のペンギンの絵に思わず手にとってしまった(笑)。イラストがとても可愛いです。そして、「え、そういうことだったの!?」という意外&考えさせられるオチ。

  • 環境問題を取り上げてるフリをして極端なエコロジストを揶揄してるんだなw
    と面白く感じましたが、他の方のレビューを見ると
    単純に環境問題を取り上げてるとしか感じていない様子。
    お母さんの台詞はそういう意味だと受け取りましたが、私がおかしいのかな?

  • 一年間、一羽も欠けずに元気に過ごせたというのが何よりすごいと思います。あんな環境なのに…。
    そして、飼育費はとんでもないことになっているだろうなと…。
    大人が読むと現実的なことばかり気になるのがいけませんね。

  • 2016/06/19

  • (2016-03-27)

  • 絵が見やすいので読み聞かせにもよさそう。
    チョコチョコ読むところがあるので
    下読みは必要。
    子どもとのやりとりも期待できる
    部分があるので小学生高学年も楽しめる。

  • 1月1日朝9時、宅急便のお兄さんがベルを押した。入っていたのはなんとペンギン!それから毎日1羽ずつペンギンが送られてきた。一体誰が何のために・・・?
    可愛らしいペンギンがいっぱいの、とても楽しい絵本です。

  • ある日突然、毎日ペンギンが1羽ずつ送られてくる!楽しい算数絵本。

  • 読み聞かせ候補。ゆっくり読んで約8分。
    毎日ペンギンが1匹郵送されてきて、それを整理したりするお話。算数の勉強になったり、青い足のペンギンを探す遊びもできる。大量のペンギンは実にユニーク。
    最後には環境問題を絡ませてペンギンが郵送されてきた謎に迫るが、それを読み聞かせるのはどうかと思い、断念。

全42件中 1 - 10件を表示

ジャン=リュックフロマンタルの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
シェル・シルヴァ...
モーリス・センダ...
マーガレット・ワ...
長谷川 義史
湯本 香樹実
ばーじにあ・りー...
にしまき かやこ
馬場 のぼる
長谷川 義史
有効な右矢印 無効な右矢印

365まいにちペンギンに関連するまとめ

365まいにちペンギンを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

365まいにちペンギンを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする