汚れおとし大事典―ナチュラル・クリーニング

  • 50人登録
  • 3.44評価
    • (3)
    • (4)
    • (6)
    • (3)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 佐光紀子
  • ブロンズ新社 (2007年10月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784893094247

汚れおとし大事典―ナチュラル・クリーニングの感想・レビュー・書評

  • 「ナチュラルクリーニング」の本。
    要は化学的成分の入った洗剤等は使わず、重曹や炭酸や石鹸など、環境に優しいものだけで掃除を実践するという。
    正直私はそこまでこだわる気はないのだけど、家の中の場所や部分別に詳しい掃除の仕方が載ってて便利そうだったので購入。
    「普段のお掃除」と「しっかりお掃除」の両方の方法が載ってるから、必要な時に開きつつ、自分で持っている道具を応用してやってみようと思う。

  • 編集部の書庫で発掘し、気づけばマイバイブルに。
    「載ってないことがない」と言いたくなるくらい、家じゅうの汚れが網羅されてる。細かいこと細かいこと〜

  • 部屋ごとの掃除箇所を、物、素材などについてものすごく細分化してナチュラル・クリーニングを提案した本。リビングの照明の項目にいたっては、「電気のひも」の掃除方法まで載っているのだから、かなり細かい。お掃除レシピについては、導入してもよさそうなものがいくつかあった程度。ヒントやコラムの記事がけっこう楽しく読めた。

  • 重曹やクエン酸、石けんなどの安心・安全素材を使ったお掃除「ナチュラルクリーニング」の決定版。目の前の汚れを今すぐきれいにしたい!そんなご要望にお応えした、場所別、素材別、アイテム別にすぐにひけるインデックス付き大事典です!重曹、クエン酸、石けんの入手法から使用法、注意点もしっかりまとめてある上に、600以上のお掃除レシピを掲載。これさえあれば、大掃除だってこわくない!大活躍の1冊です。

  • ナチュラルクリーニングが分かり易くまとめられている。まずはこの一冊からスタート。

  • 巻頭の洗剤(重曹、クエン酸、石けん、炭酸水、お湯)に関する説明が丁寧でした。
    特に、重曹とクエン酸の選び方は助かります。

    掃除の注意や、役立つ知識満載のコラムも一読の価値があります。

    写真や図版はないのですが、索引が充実していて機能的な1冊です!

全6件中 1 - 6件を表示

汚れおとし大事典―ナチュラル・クリーニングはこんな本です

ツイートする