あおいくも

  • 66人登録
  • 3.42評価
    • (5)
    • (5)
    • (10)
    • (3)
    • (1)
  • 13レビュー
制作 : Tomi Ungerer  今江 祥智 
  • ブロンズ新社 (2010年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784893095008

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
蜂飼 耳
岡田 よしたか
竹下 文子
平田 研也
川端 誠
ユージーン トリ...
tupera t...
岡田 よしたか
モーリス・センダ...
ヨシタケ シンス...
くすのき しげの...
マーガレット・ワ...
かがくい ひろし
有効な右矢印 無効な右矢印

あおいくもの感想・レビュー・書評

  • あおいくも。まちの争いを身を持って無くした。
    大切なことを教えてくれる本。

  • 978-4-89309-500-8 37p 2010・6・25 初版1刷

  • マイペースなあおいくもがとても素敵です。

  • シンプルな線が相変わらず素晴らしいウンゲラー
    なんとも言えない微笑みをたたえた雲
    あの雲の色はなぜ青なんだろう・・・とか思っていると
    また読みたくなってくる不思議な一冊

  • むかし、小さな青い雲がいた。他の雲がどうだろうと、青い雲は自分の好きなように生きた。青い雲を通り抜けると、みんなは青い色に染まった。地上では、青い雲は大人気。青い雲は、世界中を旅してまわった。しかし、人間は肌の色はいろいろあるのに、殺しまくり、追いかけたりしていた。このひどいありさまに、青い雲は驚きあきれて、「決心」をした。青い雨を降らせたのだ。青い雨は炎を消し、人間たちにふりかかり、肌の色も髪の色もみんな同じ青色に染めた。青い雲は今はなくなったけれど、仲良くなった人間たちは、このことを忘れないよう、「あおいまち」をつくったのだ。
    人種差別、戦争をなくすには、みんなが同じであればいい・・・のだろうか?

  • ウンゲラー好きだが、みんなが青くなったら仲良くなった、っていうところは、あまり気に入らない。それが現実だとしても。

    5分程度。

  • 2011年6月10日

    <DIE BLAUE WOLKE>
      
    装丁/伊藤紗欧里

  • 『すてきなさんにんぐみ』の作者、トミー・ウンゲラー氏の作品。
    主人公のあおいくもは、自分が存在するだけで満ち足りていて幸せで、それだけに自分以外のことに興味がない。
    雨を降らせることもせず、風の向くまま行動し、できることといったら触れたものを青く染めることだけ。
    しかし成長する内に、ふとしたきっかけで自分のいる世界には争いや憎しみが溢れていることを知ってしまう。
    肌の色が違うことが原因で戦争をする人々を「ひどいやりくち」と一蹴すると、ちいさなあおいくもは自分の身を犠牲にして初めて雨を降らせ、世界中の人々の肌の色を青く染め上げるのだ。
    この自己犠牲が戦争を止めるきっかけになるのだが、このあと皆があおいくものことを忘れないようにと、「あおいまち」を作って忘れないようにしているのが『ちいさなさんにんぐみ』の最後とかぶって泣けてしまう。
    肌の色が同じなら戦争がなくなるのか、自己犠牲を賛美しすぎやしないか、という考えが一瞬頭をよぎったものの、あおいくもの能力で現状に対抗するにはこうするしかなかったんだと思う。
    ウンゲラー氏は現状へのブラックユーモアや風刺をよく取り入れてくるけど、それでも最後にハッピーエンドを描いてくれるのが素晴らしいのだ。

  • むかし、あおいくもがいました。
    あおいくもは幸せで、自由気まま。雨を降らせることもしないで、世界中を見て回っていました。自分が触れたものは、飛行機も山も人間も、みんな青くなってしまうけれどおかまいなし。
    ところがある日、あおいくもは戦争を目撃しました。
    色の違う人間たちが、殺しあっていたのです。
    このひどい様子にあきれたあおいくもは、ある決心をします。
    雨を降らせ始めたのです。最後の一滴まで・・・。

    トミー・ウンゲラーらしい絵と話。
    戦争のシーンはなかなか衝撃的で、子供とみていたので、ちょっと引いてしまいました。
    読むのなら、戦争という言葉を耳にするようになった年頃からがいいと思います。
    人種差別、戦争、自己犠牲、いろいろな要素が詰まっていますが、たんたんと読ませるあたりはさすがです。  

  • ただぶらぶらしてるだけの、あおいくも。でも戦争になった時、あおいくもは、、、

  • かみさまの話、だと思った。

    気ままで、いたずら好きで、マイペースなあおいくも。
    最期にはにんげんの争いを止めるために命を落とし、伝説となる。


    …こんな結末しかないのかなぁ。
    自己犠牲が賛美されているようで、悲しい気分になる。

    また、みんな同じ色に染まって幸せに…って表現に疑問を感じる。
    いろいろな色がいる上で、お互いに尊重し理解し合ってこそ、
    幸せになれるんじゃないだろうか。
    人間を超えた者の力で同じ色にしてしまうのは、なんだか怖い。

    『すてきなさんにんぐみ』のトミー・ウンゲラーの2000年の作品。
    完全に大人向け。
    大人相手なら読み聞かせでもウケるかも。

    最近、日本の本も外国の本も大人向けばかり出版されているような気がする。

全13件中 1 - 13件を表示

あおいくもを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

あおいくもを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

あおいくもを本棚に「積読」で登録しているひと

あおいくもの作品紹介

むかし、ちいさなあおいくもがいた。くもはしあわせでみちたりていて、雨をふらせない。しかし、あるとき、地上があらそいごとにみちていることにきづき、心をいためたちいさなくもはだいじなけっしんをした-。トミー・ウンゲラーが色にこめた平和への想い。『すてきな三にんぐみ』の著者&訳者コンビが贈る21世紀の寓話。

ツイートする