ペンギンきょうだい ふねのたび

  • 192人登録
  • 4.10評価
    • (23)
    • (22)
    • (13)
    • (2)
    • (0)
  • 20レビュー
著者 : 工藤ノリコ
  • ブロンズ新社 (2011年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784893095220

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
かがくい ひろし
かがくい ひろし
酒井 駒子
工藤ノリコ・作/...
なかがわ ちひろ
有効な右矢印 無効な右矢印

ペンギンきょうだい ふねのたびの感想・レビュー・書評

  • >おねえちゃん、ペンちゃん、ギンちゃんは、3人だけで船の旅に出かけます。
    お魚がいっぱいの海で泳いだり、船長特製のハンバーガーランチを食べたり、楽園のような南の海を大まんきつ! 
    人気シリーズ第2弾。

    ペンギンきょうだいシリーズ。

    工藤ノリコさんの描く食べ物はいつも美味しそうだけど・・・
    船長さん特製ハンバーガーランチ、食べたい♪

    ペンダントを落としたのがペンちゃんやギンちゃんじゃなくてお姉ちゃんだったのがちょっと意外でしたが、イルカが拾ってくれてよかったよかった。
    南国気分で楽しめました。

    これでペンギンきょうだいシリーズは全部読んでしまったのでちょっと寂しい気持ちです。

  • お話としてはシリーズで一番起伏が少ないせいか、息子の人気は低いけれど南の島の魅力たっぷりで私は好きな回。

  • ペンギンのおねえちゃんとペンちゃん、ギンちゃんの3人だけで船に乗っておじちゃんの家に行くまでのお話が描かれた絵本です。

    ハワイアンな雰囲気が素敵な絵本です。

    この絵本はれっしゃ、ふね、そらのたびとシリーズ化されていて、今回予約待ちでやっと3冊目を手に取ることができました。

    シリーズ全般のレビュー書きました
    >>http://fruits-nyanko.com/jiritsu/book131025/

  • れっしゃ、そら、に続いて読んだ三作目。これも面白い!もう夢中!ほのぼの癒されるし、かわいいし、最高!13/06/02

  • ペンギン3きょうだいが、船に乗っておじさんの家に出かけます。
    帆を張ったおしゃれな船は、まず小さなリゾート島に到着。
    シュノーケリングや船長特製ランチを楽しみ、素敵なお土産をもらいます。
    再び出港して、おじさんの住む島に向かおうとした時、おねえちゃんがお土産のネックレスを海に落としてしまい・・・

    「ペンギンきょうだい」シリーズ第2弾。
    今回は、海でリゾート気分がいっぱい味わえます。
    ワクワクドキドキの出発、おいしそうな食事に、楽しい遊び、そしてハプニング・・・は、もはやお約束。
    面白い登場人物たちも健在です。
    明るい景色、かわいい小物、たくさんの海の生き物たち・・・!
    爽快感たっぷりの今回は、読めばきっと南の島に行きたくなる1冊です。

  • わが家の子どもたちに大人気の「れっしゃのたび」のなんと続編が! 
    きょうだい3にんで列車に乗っておばあちゃんちへでかけたおねえちゃん、ぺんちゃん、ぎんちゃんが、今度はそこからまた3にんだけで船に乗って、おじさんのうちに向かいます。この船がなんとも楽しい観光船で、航海中も、途中のお昼休憩も楽しさ満載。前の列車でいっしょだったあの顔この顔も、お約束的事件も。
    探す楽しみ、ながめる喜びに満ちた絵本。

  • ふねのたびでおじちゃんのおうちへ。シリーズのなかでは、ストーリーの違和感もすくなめ。
    C8771

  • 先に読んだ同じシリーズの「ばすのたび」の方が、反復が使われていて2歳8ヶ月の娘の食いつきも良かった。こちらはわりと淡々と進んで行くけれど、やっぱり工藤さんの絵は綺麗で癒されます。ペンギンきょうだいの気の抜けた表情と背景の美しさのギャップがなんとも言えず。笑

  • (2016年6月)
    2年くらい前に図書館で借りて読んだ。

    先週、古本で「ペンギンきょうだい ふねのたび」、頼んだから来るよーって5歳児(工藤ノリコのえほんにはまり中)に話したら、あらすじを詳しく覚えていたので驚き。

    で、今回購入して読み。
    ハンバーガーとか、すべり台とか、子ども心をくすぐるものがたくさんあって、わくわくしながら聞いてくれたみたい。

    (2016年8月)
    読み返すたびに新しい発見があってうれしい。最後のページに船のチケットがならべてあって「しましま号」と。「帆がしましまだからしましま号なんだね」などと話す。

    (2016年9月)
    よんで、と出してきたので読み。
    お昼ご飯のバナナは、こどもはあとで、みたいに書かれていたので、なんであとでなのかな、お盆に載らないからじゃない?などと話した。

    (2017年1月)
    出してきて読み。
    ペンダントとボートはどっちか一個だけ、子どもだけもらえるんだね、「なんで?」うーん、飛行機に乗った時も子どもだけおもちゃもらえるから、それと同じなんじゃない、などと話した。

    (2017年2月)
    リクエストあったので読み。

    (2017年5月)
    なんとなく出してきて読み。
    「おじさんのところに行くんだよね」と結構細かいことを覚えていたので驚き。
    オニイトマキエイのことをマンタって言うんだけど、知ってる?と話した。

  • 列車に比べるともうひとつ。
    とはいえ、乗客の動きとかを追うのは面白そう。

  • 絵が好き。
    色が好き。
    海の中、波打ち際、ランチ、プレゼント。どれも娘が大好きだった。
    釣り人の動きが絶妙。

  • ぴよぴよスーパーマーケット以外にもあったんですね。
    子どもに飛行機に乗ると話たら、「いいなあご飯食べれて」とか言われたので、何でかと思ったら、この本が原因だったようで、読んでみました。

    バムケロほどではないですが、それなりに楽しめます。

  • 工藤ノリコなのでもちろん大好き。
    せんちょうさんが気に入ったようで、見つけては爆笑。
    あまりにも読むので、文章をほとんど覚えてしまっていた。

  • ピヨピヨスーパーマーケットと共に、妻が子どものために借りてきた本。
    「ピヨピヨスーパーマーケット」と比べると面白さは劣るが、こんな船旅なら俺がしたい!ハンバーガーランチ食いてー!と感じること請け合い。

  • 可愛らしい絵が気に入ったようです。
    ペンギン兄弟の、ぺんちゃんとぎんちゃんという
    べたなネーミングもよし!
    文字の量も少ないので、自分で読むのにちょうどいいみたい。
    よく私に読んでくれます。

  • やはりネーミングセンスが素晴らしい。おねえちゃんはおねえちゃんなんですね。

  • 兄弟だけで船に乗っておじいちゃん家へ。
    みんな目が不細工。

  • 船長さんのハンバーガーランチを食べたくなること間違いなし!相方はカフェでハンバーガープレートをたのみ、私は休日のお昼に作りました。チビ虎は大喜びでボロボロ食べた…

  • 船に乗ってペンギン三姉妹でおじちゃんのいえへ。

全20件中 1 - 20件を表示

ペンギンきょうだい ふねのたびを本棚に「読みたい」で登録しているひと

ペンギンきょうだい ふねのたびを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ペンギンきょうだい ふねのたびを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする